災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

鳥取震度6弱地震は予知されていたか?→Yes 村井氏は警戒レベル4にx月からしていた

lion-1666191_640

鳥取にて震度6弱の地震が10月21日14時7分頃起こった。
熊本の次は南関東か南西諸島か、などいろいろ言われていたがまたもやノーマークに近いところで
大きな地震が起きてしまった。被害状況などはこれからの情報によるが
まずはこれが前兆があり、予知されていたことなのか?振り返ってみよう。

スポンサードリンク

鳥取震度6弱地震は予知されていたか?→YES

鳥取といえば地震が少ないイメージであったが2016年10月21日に震度6弱と過去に起きたことがあるのかというような
大きな地震が起きた。

しかし、調べてみると意外と震度5強以上はあった。
気象庁の1923年以降のデータによると、これまでに今日を含めないと2回しかない。

震度5弱以上 7回
tottori5jakuijo

震度6弱以上 2回

となります。2000年以来16年ぶりです。偶然か2000年も10月ですね。

さて、これが事前に予知されていたか、危険とされていたかということですが
熊本地震では直前に警告地域から外してしまった東大名誉教授の村井氏ですが、今回はしっかりと警戒地域に入っていました。

村井氏の事前の警告

村井氏は中国地方全体に沈降が続いているということで、最高警戒レベルは南関東(レベル5)、レベル4の地域として鳥取島根を指定していました。

振り返りますと5月の時点で鳥取島根はレベル2の警戒。6月にレベル3、このころから中国地方の沈降を気にしていて、ひずみがたまっていると軽く警告していました。
7月の最初にレベル4に上げられました。言っていることは同じで中国地方の沈降に対する警告です。
そこからずっと今日までレベル4のままでした。

つまりは5月ごろからだんだんと警告レベルが上がっていたということになります。

早川氏の警告は?

電機大教授の早川氏の予想も当サイトではおっています。

今週の警戒地域は以下となります。
img_3427
出典:無料アプリ 地震解析ラボ

今回の震度6弱の震源は以下

ですので若干外れていることになります。

スポンサードリンク

その他の予言や前兆

アキラの地震予想というサイトでは関東を中心に注意がされていました。
出典;http://eakira.sakura.ne.jp/

日本列島に大地震(M6.0クラス)の可能性が、ここ1~2週間の間に高まりました。
根拠は、2009年の駿河湾地震発生当時と酷似しているため、可能性が高いです。
スウェーデンのキルナ観測所のデータや父島・女満別。柿岡・鹿屋のデータから、
大き目の地震発生の可能性が高いです。父島より、南方の場合は、安心ですが、
本土近辺の場合は、要注意です。特に、関東甲信越地方が高いです。
発震しない場合は、止むを得ないですが、見逃しはいけません。
2016.(10/12 14:11発信。)

場所は違いましたが、警告している時期としては当たっています。

ということで、今回は村井氏の事前の精度が一番よかったという結果論になります。
といっても村井氏も他の多くの人も「南関東」が一番警戒していることには変わりありません。

どうしても、いつのタイミングか?ということが誰にも分りません。

その他前兆として

当サイトで挙げていたのですが
科学的根拠はないのですが、「バヌアツの法則」「ニュージーランドの法則」というのがあり
過去則だけを見るとそこで起こると必ず日本でも大きな地震が起きているということについて触れていて
ニュージーランドに関してはまだ日本で大きな地震が起こっていないので、近々起こるのでは、ということは書いていました。
関連記事を参考にしてください。

鳥取地震に関して他の情報も提供していますので参考にしてください。

■関連記事

ニュージーランドの地震は日本と関連があるか?過去則はある条件では100%

鳥取地震の過去データを詳細に出した結果去年から出ていた兆候

鳥取地震余震の注意点と比較!中越・阪神並みとなるか?

鳥取地震が南海トラフと関連なしと言い切れない理由!それにしても妙に当てはまる中央構造線連鎖地震

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー