災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

CATEGORY水害

関東大渇水の前に備えておくことは2つ!具体的な数字を出してみた

既に報道にあがっているように今年は梅雨があったのかなかったのかわからない程 雨がすくなく、いわゆる「水不足」の状態で6月25日の時点で関東のダムの貯水率が 38.4%という状態だ。 ラニーニャ現象によりもともと高気圧が続き…

記録的大雨情報発令!瀬野川や黒瀬川で氾濫危険水位を超える!ツイッターでも続々信じられない画像が

記録的大雨情報発令されています。熊本、山口、広島での川の氾濫危険水位を超え始めています。 熊本で記録的大雨、1時間150mmを記録しました。 熊本では史上初、国内でも4番目の記録ということで 2人死亡4人行方不明ということになっていま…

水道管破裂の応急処置の仕方!近隣トラブルの対処法も!

冬に寒波が来ると水道管の破裂が起こります。すぐに応急処置をしないと 家の中は水浸し。さらに下の階にまで水が達し、下の階の壁紙は剥がれ落ち、 家具も使い物にならなくなります。そうなってしまったら損害の補償を 請求されます。そ…

洪水警報の基準を心得よ!大雨警報等との違いで分かれる判断の微妙な差!

「千葉県外房に洪水警報が発令されました。」 こんな言葉がよくニュースで流れますね。 洪水警報というのだから、洪水が起こりやすいのでしょうが、 一体何を根拠ににして、どのような基準で発令されるのでしょうか。 正しく知っ…

洪水・氾濫・冠水・浸水の違い。知っておくことで地形や状況がより分かることになります!

大雨に関するニュースが放送されています。ニュースを聞いていると 「洪水」「氾濫」「冠水」「浸水」などという単語が出てきて、 使い分けられているような気がしてきました。 確実に今後水害が多くなる昨今、この違いを知っておくこと…

南米3か国で大洪水!なぜこんな異常気象に?2年前から警告されていた!

日本ではありませんが、南米の大洪水でクリスマスが大変なことになっております。 なぜこんなことに...!?被害は今も拡大していて、 15万人が避難。今回異常気象の理由などを見ていき、教訓としましょう。 *写真はイメージです。…

洪水対策を個人で出来ること全てをまとめました。日本、そして世界で増える洪水被害に備えよ!

2015年の茨城鬼怒川の決壊を始め、仙台での被害 さらに台風18号での水没地域多発の事態。水没した駅。 覚えていらっしゃいますか?エルニーニョの影響もあり どこでどんな災害が起こるかわかりません。 スポンサードリンク…

八丈島が台風ではないのに記録的大雨!この異常天気はやはりエルニーニョ!

八丈島が2015年11月19日早朝、50年に1度の記録的大雨に見舞われました。 台風によるものではなく低気圧の通常の雨によるものです。 やはりこれもエルニーニョ現象のひとつといえるのではないでしょうか? [ad#co-1]…

爆弾低気圧の定義は?大雨が日本列島を台風並みに襲う!

2015年10月2日朝の通勤ラッシュ時に日本列島を爆弾低気圧が襲う予報です。 大雨・浸水に注意です。 それにしても爆弾低気圧の定義はなんでしょうか?素人には天気図から台風とどう違うのかわかりません。 調べてみました。 …

津波災害警戒区域の東京都は?洪水ハザードマップであなたの家の浸水可能性を知っておこう!

ご自分の地域の津波災害警戒区域を把握していますでしょうか? 最近は海の近くの家だけでなく、川の近くも危険だということが 先の、茨城県・宮城県の川の堤防決壊でよく分かりました。地域で用意されているはずの 洪水ハザードマップ、…

さらに記事を表示する

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031