災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

北海道沖超巨大地震の可能性?過去の被害を振り返ってみた結果

2017年12月19日に地震調査研究推進本部が「北海道沖・千島海溝沿いで、今後30年以内にマグニチュード(M)8・8以上発生確率が最大40%」と発表したことで世間に動揺が走っている。

もし起こった場合、どのうような被害が起きるのか?
筆者も北海道に友達が何人かいるのでかなり気になっています。
また、過去にそれだけの地震が起こったことがあるのか?出来る限りのことを調べてみました。

Sponsored Links


北海道沖超巨大地震の可能性?過去の被害は?

まずは、地震調査研究推進本部が発表したことをまとめてみましょう。

・13年ぶりに地震予想を見直した
・東日本大震災に匹敵する規模の地震が「切迫している可能性が高い」
・東日本大震災(M9・0)級の地震の確率について今回初めて検討
・上記枠内でM8・8程度以上の地震が起きる確率は7~40%
・同規模の地震は平均340~380年ごとに発生
・400年前にその規模が起きている
・地震本部「平均的な間隔の『満期』を超えており、発生が切迫している可能性が高い」
・2006年時点の想定では最悪津波によって北海道で約700人、本州で200人が死亡する被害想定。来年またシュミレーションして発表する予定

実はこのサイトを運営しているから知っているのですが
2016年になる時に予想として一部の有識者が「北海道が一番危ない」ということは言っていたんですね。
今回のような感じで非常に大きいものが来る可能性があるということで小さく話題になっていました。関連記事に追加しておきます。

そしたら熊本とか鳥取とか、北海道じゃないところに来てその話がどこかにいってしまった感じなのですが
今回は、やはり危険だということでこんなに大きく報道されましたね。

まずは、直近の北海道の大地震、そして400年前の大地震について見ていきましょう。

北海道沖大地震の直近M7以上

直近といっても気象庁のデータベースがある1923年から2017年12月までの中で
北海道でのM7以上を見てみましょう。

…範囲が広く100件を超えましたので、やはり地域を絞ります。
上記にありますように「十勝沖」「根室沖」「色丹島沖」「択捉島沖」
今回警戒されているこの4つについて見ていきましょう。

「十勝沖」

「根室沖」

北海道東方沖

「色丹島沖」
「択捉島沖」



出典:https://goo.gl/4zusYk

M8は4回

2003年9月26日 津波発生(最高で2m55cm北海道豊頃町・大津)
1994年10月4日 津波発生(根室市花咲港で173cm)
1963年10月13日 津波発生(余震でウルップ島で10 – 15 m、択捉島で7 – 8 m、八戸で0.5 m)
1958年11月7日 津波発生(択捉島、色丹島で5m近く)

M8越えはこの4回となります。

この中で一番被害が大きかったのが
1994年10月4日の死者:9人 行方不明者:2人をだした北海道東方沖地震。

2003年の9月26日起きた十勝地震は死者1人、行方不明者1人、負傷者849人と記録されています。

ただし、北海道では逆側で起きた
1993年7月12日の地震が死者:202人行方不明者:28人をだした北海道南西沖地震の方がインパクトは強いとされる。

400年前の地震とは?

400年前の地震はおそらく十勝地震であると思われる。
この地震のwikiを見ると、400年~500年周期であることが記述されている。

その400万年前の大地震は、1635年とする説など諸説あるが、1611年が有力なのか?曖昧です。
しっかりとした記録がないようです。
ですので、どれだけの被害があったかが記録されていないのですが、
津波痕はしっかり確認されているようです。

これだと、どれくらいの被害を想定すればいいのか難しいですね…。
直近のデータでは、最大死者数9名ということになってしまいますが、津波は択捉近辺で起きたものに関しては
ウルップ島などで10m以上が観測され、ロシア領の択捉の死者が出ているとのこと。

一応本州では福島の相馬まで津波が観測されたとのことですが、東日本大震災のようなことにはなっていません。

こう考えると、択捉ではすでに大きな地震が起きていますが、住んでいる人がすくない地域に被害が集中しています。(語弊がありあそうですが…)
ですので問題は「十勝沖」で起きた時で、大津波が起きたときの影響が心配、というところでしょう。
今のところ、記録にあるもので参考となる数字はありません…。
400年前も記録にしっかりとないので。

来年、地震本部が出すシュミレーションの数字を参考にするしかありません。
死者数はやはり「津波」次第ということになります。
基本、最近の建築技術の発達で建物での死者は昔と比べるとグっと少なくなっていますので。
抵抗的ないのは「津波」なのです。

Sponsored Links


村井氏・木村氏の見解は?

東大名誉教授の村井さんの北海道に関する見解はどうでしょうか?

 

東大名誉教授の村井教授

村井さんは基本的に、南関東を1年以上危ないと言い続けていますよね。
異常値が出ているのは確かなのですが、なかなか来ないのが現実。
北海道についてもう一度確認してみますと…最近の記述では

最警戒地域である「震度5以上が発生する可能性が非常に高い」は、変わらず

南関東周辺
南海・東南海地方
九州南部

で、最近、南海・東南海が上昇してきましたよね。

そして、その次の警戒地域が、「震度5以上が発生する可能性が高い」で北海道もあります。

「北海道道南・えりも・青森県」

が入っていますね。えりもはまさに、北海道の南東の先っちょなのですが
「要注意」と先週のメルマガでは言っています。
えりものPv観測点で異常値が11月ごろから続いているとのこと。

木村教授木村政昭琉球大学名誉教授

木村教授はすごく具体的に予想するのですが
「北海道東方沖」の巨大地震「2010±5年(M8.5)」と予想していましたがこれは外しています。
十勝ではありませんが、今回の地震本部のような根拠があって予想していたのでしょう。

まとめ

ということで、超巨大地震の可能性が国から指摘されたら怖くなりますが
残念ながら、400年前の具体的な被害についてはちゃんとした記録がないということです。

ただし、推定なのですが、産経新聞は以下のような報道をしています。

簡単にまとめますと
・国が言っているのではなく北大の地震学者が言っている
・約400年前に最大高さ約24mの津波
・千島海溝での震央で説明がつくとのこと
・津波の推計は大樹町の生花苗沼で海抜24m、釧路市などでも15m

とのことです。
国の発表ではないですが、地元の大学が調べたのでしたらある程度信ぴょう性はあるのではないでしょうか?
そうなると、さすがに札幌は大丈夫ですが、それなりの人口である釧路(17万人)などが心配であります。

■関連記事

>>地震予言2016科学者から予知者まで公開!意外と抜けている重要地域がある!

>>胆振地方の読み方と過去の地震歴を調べてみた

>>北海道内浦湾で震度6弱!予知予測はされていたか?

Sponsored Links


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー