災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

硫黄島が噴火したら本当にヤバイ?津波は?噂が本当か調べてみた

硫黄島が噴火したら本当にヤバイ!
そんなつぶやきも散見されますし、私も世界の破滅噴火で最も警戒されているのが「硫黄島」というのを知っています。(研究者が1位にしました)
なんだか危険な感じがするのですが…ただの思い過ごしだといいと思いながら
あらためて調べ直しシェアします。

硫黄島も同じ名前のが西の方にあったような
Sponsored Links


硫黄島が噴火したら本当にヤバイ?

硫黄島が噴火したら本当にヤバイのか?
まずは、2018年9月13日現在の事実を確認しましょう。

・硫黄島南側の沿岸で、海水が海面から5から10mの高さまで噴出
・9月8日(土)2時頃から火山性地震の多い状態が続いていた
・2001年9月21日にも海底噴火が発生している

2001年にもあったのか(少し安心している)

2001年の過去事例があるという点は、その時は何事もなかったという点で安心ですが
過去と同じことが起こるわけではありません。

まず、なぜ硫黄島がヤバイと言われるかは以下の記事にあります。

最近の火山噴火の活発化が気になるあなたへ!世界一危険なところが日本とされる!

分かりやすく言いますと

・イギリスのマンチェスター大学・アルバート・ザイルストラ教授(天体物理学)が火山愛好家らの協力の元、「世界で最も危険な火山10」を選定
・選定基準は「100年以内に噴火の恐れがあり、かつ破局的噴火となる可能性がある火山」
・なんと1位が、小笠原に硫黄島だった。ちなみに4位が阿蘇山

噴火にも大小様々あり、「破局噴火」というのは人類を終わりにする力をも持っているそうです。
一説には恐竜の絶滅は小惑星の衝突ではなく破局噴火なのでは?なんていう人もいるとか。

破局噴火は最後に日本で起こったのは7300万年前と言われているので、
いつ起こるかなんか考えるだけ無駄です。

上記教授のブログには次のようなことが書かれています。

・1458年にバヌアツのクワエ火山が同じくらいの規模の噴火を起こした時、ニュージーランドを高さ30mの津波が襲った。
それがポリネシア文化の崩壊につながった

東京に来たりしないよね…津波

教授によると
・最も恐るべきは「隆起の速度」
・隆起は4年に1m、世界でもまれに見る早さ。
・1945年の米軍の調査以来、17mも隆起
・硫黄島噴火の際には高さ25メートルほどの大津波が日本列島や香港を襲う危険性
「この島で破局的な噴火が起きるのはもはや時間の問題」とまで言い切る

専門家が言っているので、信ぴょう性のあることなのでしょう。

さすがに国がそんなことは言えないでしょう。

Sponsored Links


別の情報源によると..

別の情報源を見てみました。

2017年の11月のアサヒ芸能の記事です。
出典:https://www.asagei.com/excerpt/92918

・神戸大学海洋底探査センターの巽好幸教授に聞く
・いつどこの火山が噴火してもおかしくない。東日本大震災以来、マグマが活性化する可能性
・起こる確率は1%と言われているが、阪神大震災も1%と言われていた
・日本の総人口の95%が生活不能に陥る
・国に対策を要請したが『予算に限りがある以上、確率の低い災害に税金を投入するわけには参りません』と

あくまでもし大規模な噴火が起こった場合であり、必ずこうなるということではありません。

が、あまり声を大にして言われないだけで、十分可能性はあることであるのが分かります。
確率が低いものに対策出来ない…これは分かると言えば分かります。

結局、南海トラフに向けて巨大堤防も、意味がないという住民の意見も多くなっています。
景観を失い、観光地としての魅力を失い、来るか分からないものに大量のお金を投じることより
逃げ方等に力を注いだ方が良いと。

津波に関しては小笠原から1000㎞あるので、事前に情報をキャッチできるのだけは救いでしょう(本州の人は..)

Sponsored Links


ネットの反応

まとめ

いかがでしょうか?
まとめますと以下のようになります。

・火山の専門家が選定した、「100年以内に噴火の恐れがあり、かつ破局的噴火となる可能性がある火山」で1位が硫黄島
・破局噴火であればもうどうしようもない。日本も危ないが、前回の破局噴火は7300万年前。今そんなことが起こる奇跡があるでしょうか…
・それでも大きな噴火につながれば津波25mの可能性
・大きな噴火になれば日本人の95%が生活困難になるという専門家も

自然のことはコントロールできないので、ただただ願うしかありません。
破局噴火のことは考えなくていいと思いますが、本州の我々は、津波が来た時のシュミレーションをしっかりやっておきたいところであります。

■関連記事

鬼界カルデラ噴火したら被害範囲は?2018年最新情報に唖然

カンピフレグレイ噴火したらどうなる?過去の事例から見る恐怖

鬼界カルデラ巨大噴火した時の被害とその歴史に驚愕!危険火山トップ10に日本は2つも

Sponsored Links


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー