災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

エルニーニョ現象で暖冬になるとか大雪になるとかっていったいどっち?

エルニーニョ現象という言葉を聞くことがありますが、これはどのような現象なのか分からない人もいると思います。
一方で、「暖冬になる」とか、もう一方で「大雪になる!」といった話を聞き、混乱しているのは私だけではないのでは…。
エルニーニョ現象の内容を紹介していきます。

Sponsored Links

エルニーニョ現象で暖冬?大雪?

暖冬とか大雪になるとか言われるエルニーニョ現象を分かりやすくまとめてみました。

エルニーニョ現象のエルニーニョはペルー沖の海水温が平年よりも上昇するということであることは有名です。
エルニーニョの反対はラニーニャ現象と呼ばれ、ラニーニャは海水温が平年よりも下降するという意味があります。
エルニーニョ現象は赤道付近に吹く貿易風という東風が関係しており、貿易風が弱くなった場合にエルニーニョ現象が起きると言われています。
貿易風が弱くなることで、西側に深海の冷たい水を追いやることができず、逆に西側の暖かい海水が東側へ流れていくため海水温が上昇して太平洋でエルニーニョ現象が起きる原因となります。

エルニーニョ現象で暖冬と言われる理由

エルニーニョ現象が起きると、北半球の中緯度にある偏西風の進路が変化するためです。
海水温が高くなることで、暖かい空気が軽くなって上昇気流が発生しやすくなって積乱雲ができ、それが低気圧の発達につながります。
そうすると偏西風の暖かい空気が日本の西側に入り込んで暖冬の原因となります。

エルニーニョ現象で大雪と言われる理由

エルニーニョ現象は暖冬となるため、雪は降らなくなると思いがちですが、そうではありません。
雪は気温で決まるのでは無くて、気圧も関係してくるからです。

西に高気圧、東に低気圧がある西高東低の場合は、日本海側を中心に雪が降ります。
また、南海上を低気圧が進む南岸低気圧型は、太平洋側の地域で雪が降るようになり関東を中心に大雪となる傾向があります。
エルニーニョ現象で起きる暖冬の場合はこの南岸低気圧型の気圧配置となるので、大雪が関東を中心に発生しやすくなります。
そのため、エルニーニョ現象の暖冬でも大雪となる可能性があります。

つまりは「暖冬になる」「大雪になる」どちらも正しい情報だったのですね。

Sponsored Links

ネットの反応、評価

ネットではどのようなコメントがあるのかみてみました。

「インドネシアやフィリピンで海水温が上がっている」
「暖冬の可能性が高いらしいじ」
「毎年エルニーニョ現象かラニーニャ現象と言っていないか」
「ラニーニャ現象、エルニーニョ現象名前がややこしい」
「エルニーニョ現象で雪が多くなると思う」
「大雪は無理です。キツイよ。田舎もそうだし、東京もすぐ電車とまる」
「エルニーニョ現象もラニーニャ現象も試験で見たことがある」
「エルニーニョ現象はとても気温が寒くなる現象らしい?」
「なんだかんだいっても普通の冬でしょ」
「騒ぐ割に影響を受けたことがない。」

出典:twitter

このようなネットの反応や評価となっています。

まとめ

エルニーニョ現象が日本に発生することで、暖冬となって気温は暖かくなるかもしれませんが、大雪となる可能性も高いので、
体調を崩しやすくなるかもしれないと思います。
また、エルニーニョ現象は日本人だけで無く、フィリピンやインドネシアなどの世界にも何らかの影響を与えるので、知っておくと良い現象かなと思います。
エルニーニョ現象でどのような冬を過ごすことになるのか、少し心配なところもありますね。

また、ネットの反応の中にありますが「なんだかんだたいした影響がない」と感じている人もいるようですが
あくまで、自分たちが住んでいる地域は、ということです。

世界的に見ても、自然災害による、死者数そのものは、その年の自然災害の場所によってマチマチではありますが
経済的損失額は波を打ちながら右肩上がりなのは確かです。
ですので、地球全体で見ると自然災害は人類を確実にむしばんでいると言っていいのではないでしょうか?

エルニーニョ現象も人類どこかしらに大きな災害をもたらしています。
もちろん今年も直の被害を受けないかもしれませんが、それでも、地球に異変が起き
年々人類への損失が大きくなっているということに怖れを抱いた方がいいのではないでしょうか?

■関連記事

>>エルニーニョの反対のラニーニャ現象があまり報道されない理由!

>>過去のスーパーエルニーニョ現象の被害を見てみよう!そういえばそんなことがあった!

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー