災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

冠水した車はどこまでなら走れる?エンジンかけたら危険?対処をまとめてみた

冠水した車はどこまでの浸水に耐えられるのか?
どこまでの浸水なら走れるのか?

テレビの豪雨に関するニュースの中で、決まって映像に出されるのが、冠水した車の様子に明日は我が身、となった人は多いのではないでしょうか?
最近は、突然短時間に相当な量の雨が降るので、いつ自分もそのような状況に陥るか心配です。
そんな時に慌てずに対処するためには前もって豆知識を取り入れておく必要があると思います。

Sponsored Links

車が冠水!どこまで水が浸かったら危険?

まず、クルマはある程度の冠水や浸水に耐えられるように設計されています。
豪雨などによって発生した水深のある水たまりを走行することができるのはそのためです。
しかし、一般的に走行可能とされる水深は、乗用車であればドアの下端、つまりクルマの床面が浸からない程度となります。

一般的にはマフラーに水が入らない程度なら走行できます。実際どこまで走れる可能性があるかを言えば、エンジンの吸気口がエンジンの上にあるので、そこまではエンジンは回ります。この点で、どうなると車が止まるのかということを知っておくと役立ちます。

エンジンが止まるというのは、空気取り入れ口から水を吸い込んでシリンダー内でウォーターハンマー状態になってエンジンが停止するということです。ヘタすると、ピストンやシリンダー、シリンダーヘッド、バルブまわりを水圧で壊します。

また電気関係、例えばヘッドランプ、ウインカー、フォグランプ、ホーン、また、これらを制御するリレー、オルタネータ(発電機)、セルモーター、ラジエーター・エアコンファン、などの電装品は水没した直後は大丈夫でも、後日ダメになります。これらのことを考えますと、車はエンジンのオイルパン、ボディでいうと床面が水に浸かる位でダメになります。

車は鉄と電子部品で出来ていますので水に浸かってしまえば影響は避けられません。特に最近の車は電子制御されているため水に弱いです。一部のオフロードタイプの4輪駆動車では、専用の装備により水深1m弱の悪条件で走れる特殊なモデルも存在していますので、前の車が走れるので大丈夫という安易な考えでどこまで行けるかついていくと大変なことになります。

水たまりは、見た目だけでは水深を測ることができなため、いざ進入してしまうと、思いのほか深いことがあります。
ただ、運転席にいる限り、クルマの床面以上の水深であっても、ただちには浸水してきませんので、どこまで走れるか試そうという気持ちになるかもしれませんがとても危険です。

そのため、危険を察知するころには、クルマが浮いて前後に動かなくなり、エンジンの吸気口が水を吸ってしまったり、排気管が水圧で塞がれてしまい、エンジンが停止し、そのまま立ち往生という最悪の結果にもつながりかねません。

Sponsored Links

冠水した車は水がひいたら走れる?エンジンかけてもいいの?

万が一、クルマが冠水し車内にまで浸水してしまった場合は、すぐさまクルマを止め、慌てずにエンジンを停止させます。そして、車両は水がひくまで放置するとともに、その旨をJAFのロードサービスや販売店に連絡します。水がひいたからといって、クルマに乗り込みエンジンを掛けると破損や感電の危険がありますので、絶対にしてはいけません。

冠水した車はその後どこまで走れるかということですが、エンジンがかかる車は、検査と各部清掃で、約20~30万円、エンジンがかからない車は、コンピューターの部品交換などで約50万以上もかかるという調査もあります。

実際冠水した人のネットの声

https://twitter.com/ojnaojna/status/913193292484927488

まとめ

最近の突然の豪雨の特徴を考えますと、急な冠水にはまってしまったり、走ってる道路が急に水が増える場合も実際にあります。集中豪雨、ゲリラ豪雨の時には、どこまで走れるかを考えるよりも、冠水しやすい道路はくれぐれも通らないようにしたほうが安全です。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー