災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

長野南部地震 を予知・予測できた人はいる?2人の事前警告

2017/06/25 7:02に長野県南部を襲った震度5強の地震についてですが
地震予知、予測が難しいと言われる中、
科学的にでも、オカルト的にでもいいので事前に警告出来ていた人・団体はあったのでしょうか?
気になったので確認してみましたのでシェアします。

スポンサードリンク

長野南部地震 を予知・予測できた人はいる?

長野南部地震 を予知・予測できた人やサイトはあるのか?ということで
分かる限りのことを調べてみました。

その中でかねてから注目している、村井教授・早川教授に加え、アキラの地震予報・ツイッターでも検索してみました。ご存知のように予知・予想は現代科学では正確にすることはできません。しかし、多くの方が独自のアプローチで研究を続けています。「できない」と切り捨てるのでなく、彼らの研究を追ってみることは意味があると思いますので、是非参考にしてください。

村井教授

測量系の権威の人で、全国のGPSを数cm単位でチェックしております。
さすが東大名誉教授という感じで、仕事が非常に細かいです。
全国の土地の隆起沈降・水平方向への動きについて、すごくよくわかり、地震に関係なく見ていて感心してしまいます。

もともとこの地域は警戒レベル4(おそらく最高は5で、現在南関東)の地域にあるところです。
1月中旬に長野北部で注目に値する変位はありました。北信越地方・岐阜県を7月ごろまで警戒としていて、当てたと言えるでしょう。

広い範囲ではありますが、北信越に1月中旬変異+この6か月変異がある+火山の影響、ということで歪がたまっていると警告していました。

村井教授に対する批判としてよくあるのは、範囲が広いからそりゃどっか当たるよ!というのがあるのですが、しっかりとGPSで、土地の隆起沈降、水平方向の動きを監視して、数字をだしているので、科学的根拠があって示していると言えます。

確かに、変異が起き→静穏期間→大地震 というパターンが多いのですが、「確実」にそうなるというわけではないので
ピンポイントで当てることの難しさは感じていますが、熊本地震以外は確実に当ててきています。

早川教授

今回無料情報では長野は入っていなかったです。
電離層の乱れはなかったのではないでしょうか?


出典:無料アプリ「地震解析ラボ」

アキラの地震予報

6/15に異例の警告をしていました。
場所の範囲が広かったものの、警告をして10日で範囲内で起こったので当てたと言って良いと思います。


出典:http://eakira.sakura.ne.jp/

私もここを3年くらい見ています。
時々異例の警告をしまして、もちろん何も起きなかったこともあるのですが、当たることは多いのである程度の信頼性を感じております。

その他の人等

台湾研究所

ここは個人的にはあまり信頼してないのですが、毎回大きな地震を予知・予想しています。
今回「南日本」「M7~8+」ということで、外れていると言えるでしょう。

 

スポンサードリンク

長野南部の前兆は?

単純に今回の長野南部地震の前兆として、小さな地震はあったのでしょうか?
ここ3ヶ月の長野南部を見て見ました。


出典:https://goo.gl/oq2h6m

判断しづらいと思いましたが、2016年を調べてみたら地震の多かった2016年1年で10回のみでした。それが、ここ3か月だけで5回起こっているということなので、単純に平常時の2倍地震が起こっていたと言えます。そういう意味では前兆があったと言えるのではないでしょうか?

新月・満月の法則は当てはまったか?

また、新月の次の日ということで、大地震=満月or新月の確率は高くなりました。

阪神大震災→1995年1月17日 17日30日(満月と新月の日)◎
新潟中越地震→2007年10月23日 14日28日(満月と新月の日)△
東日本大震災→2011年3月11日 5日20日 △
熊本地震→4月14,16日 7日22日 △
鳥取地震→10月21日 16日31日 △
福島沖→11月22日  14日29日 〇
茨城北部→12月28日 14日29日 ◎
福島沖 →2月28日 11日26日 〇
大分震度5強 →6月20日 11日24日 △
長野南部 →6月25日 11日24日 ◎

1/15の確率で重なるわけですが、3割ほぼ一致しているので、確率的には高いと言えるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

まとめ

今回、長野南部という、1984年以来大きな地震がなくあまり注目されてないところで起こっただけに、それを予知・予想していれば本物だという感じがしなくもないです。
その中でも、村井教授、アキラの地震予報、は今回信頼性を高めたと言えると思います。

また、村井教授警告する南関東がなかなか起こらないのは気になります。
小田原の変異が去年8月12月と今年4月にあったことが個人的にも気になっています。
また南関東、特に八丈島など海を含むので津波につながらないかも気になっています。
今年は5月まで比較的地震が少なかったのですが多くなってきました。
20日の大分震度5強から続いています。

防災対策は出来る限りのことをしておきましょう!
当サイトの12コ、を参考にしてください。

■関連記事

地震前兆2017年6月最新情報まとめ!村井・早川氏・過去則・オカルト等5つ視点からわかる近況!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー