災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

長野南部地震の余震と思い起こされる松代群発地震

長野県南部で2017年6月25日7時2分に震度5強(M5.7)が起こり、余震が続いている。
思わず5年半続いた松代群発地震を思い起こしたのは筆者だけではないのではないでしょうか?

今回は余震状況と、松代群発地震についてまとめていきます。

Sponsored Links

長野南部地震の余震

長野県南部で起きた震度5強、まもなく3時間経つが17回の余震が起きている。



出典:http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/entries

追記

3時間で17回
当日は28回
24時間で42回となっています。

他の地震の余震を掲載しておきます。

Sponsored Links

当サイトでは過去の地震について余震状況をカウントしています。

totori_yoshin1fukusimaokiyoshin1220
*当サイトが気象庁データべースor tenki.jpを目視カウント 正確性は保証できませんが概ねの数字は合っています。震度1以上

前回の記事にあるように1923年以降M5.5以上が5回しか起きてない場所で
この規模は、実に1984年以来の33年ぶりということになります。

余震と群発地震は境界線は曖昧ですが、思わず5年半続いた松代群発地震を思い起こしました。

Sponsored Links

松代群発地震とは?

今回の震源と松代は70㎞程離れています。


出典:google map
注意:震源地はおおよそであり正確ではありません

70㎞なので、同一視して考えていいかは分かりませんが、非常にインパクトのあるものなのでお伝えしておきます。

松代群発地震とは?

・場所は:長野県埴科郡松代町(現長野市)付近
・1965年(昭和40年)8月3日から約5年半続いた、世界的にも稀な長期間にわたる群発地震
・総地震数は71万1341回
・震度5は9回
・長野県北部になる
・死者はいなかったものの、負傷者は15人とされ、ノイローゼになった人もいる
・原因は特定されていない。マグマ関連か、水噴火説など言われている

参考:wikipedia https://goo.gl/k1rcZC

今回の地震は、離れていますが、妙に余震が多いような気はします。
長野県北部は地震の巣であり、松代地震をはじめ、震度6強が過去にありますが(2011/3/12)
今回の長野県南部地震は今回の震度5強が過去最大であります(1923年以降)
追記>>気象庁のデータでは1984年当時M6.8ですが震度は3~4となっています。ただし、近くに地震計が当時なかったということと、生存者は震度6はあったのでは、ということで、震度6以上あったであろうという言う人が多いです。

ですので今後どうなるか?など前歴がないため分かりませんが、気を付けて見守りたいところであります。

中央構造線上での地震には違いないと個人的には思いますので
他への連鎖など心配ではあります。

■関連記事

長野南部地震 を予知・予測できた人はいる?2人の事前警告

長野南部で震度5強の地震発生!御嶽山との関係を過去データから引っ張りだしてみた

鳥取地震余震の注意点と比較!中越・阪神並みとなるか?

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー