災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

新潟下越・山形県沖の大地震の過去は?55年ぶり「今まであまり起きてないところでなぜ?」

新潟・山形にて2019年6月18日に山形県沖・新潟下越にてM6.8の大地震が起きました。

新潟上越はよく見かけますが、下越は
あまり見かけないエリアなので過去の地震を調べてみました。

Sponsored Links


新潟下越の大地震の過去は?

山形県沖or新潟下越を震源とするM6.8、震度6弱の地震が2019年6月18日22時に起きました。
(どちらの情報もありますね。後ほどどちらかハッキリする可能性もあります)

ここの震源での過去の地震を調べてみました。

以下は新潟下越の1923年~2019年のM6以上

以下は山形沖で1923年~2019年のM6以上

なんと55年前に震度6がありましたが、それ以降はない場所です。
上記は、M6以上で気象庁のデータから検索したものです。
1964年以降はM6以上のデータはありません。

今回は津波お起きています。

この地震は「新潟地震」でwikipediaにありました。

1964年(昭和39年)6月16日13時1分41秒で
新潟県の粟島南方沖40km(北緯38度22.2分、東経139度12.7分、深さ34km)を震源として発生した地震であります。

・日本の歴史上、最大級の石油コンビナート災害をもたらした地震
・143基の石油タンクが延焼し、その火災は12日間続いた
・日本で地震保険ができる直接的な要因となった震災
・サハリンから新潟沖へとつながる日本海東縁変動帯で発生した地震の一つ
・活動間隔は段丘の高さから約2000年間隔とする説や3000年という説がある(が、55年で起きている。ただ、これと全く同じところとは言えない)
・死者:26名
・家屋全壊:1,960棟
・家屋半壊:6,640棟
・家屋浸水:15,298棟
・新潟市では高さ4mに達した
出典:wikipedia

当時は時代背景もあり、建築技術も全然違いますので、上記数字がそのまま今に適用されるわけではありませんのでその点は注意して下さい。

新潟地震の前後の大きな地震は?

気になるのは他の場所への波及です。

ここの大きな地震によって、他のところも連鎖的に過去には起きたでしょか?

上記の1964年6月の前後3か月でM6以上を「全国」で調べてみました。

出典:https://bit.ly/1Vf1q8e

Sponsored Links


現地のネットの反応は?

追記します。

まとめ

山形県沖

Sponsored Links


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー