災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

西日本豪雨の原因は?温暖化・バックウオーター現象について調べてみた

西日本を襲った豪雨。
今まだ行方不明の方々もいらっしゃったり、家が倒壊したり・・・
避難生活になったりと、まだまだ大変な状況が続いています。

西日本豪雨の原因は一体何なんでしょうか?
温暖化なのではなど様々な情報が錯綜しています。

Sponsored Links


西日本豪雨の原因は?

この記事を書いている日までの情報ですが、被害は更に拡大しています。

13府県で死者は175人、行方不明や連絡が取れない人は61人となっています。
国土交通省の11日午後1時までのまとめですが、全国で483件の土砂災害が起きており、更に増える可能性もあります。

.
心配ですね!

そんな被害をもたらしている西日本豪雨ですが、原因は、高気圧と低気圧に挟まれて停滞する梅雨前線に、湿った南風が流れ込み続けたことが要因とみられています。
特に被害の大きかった広島県では、発生した積乱雲が連なる線状降水帯が観測されたそうです。

.
私は大阪だけど、凄い激しい雨降ってた!
.
広島とか岡山とか、山や川の多い場所は特に凄かっただろうね

東京大学の大気海洋研究所・気象学の木本昌秀教授によると、
中国大陸上空に低気圧が、太平洋上に高気圧がそれぞれ停滞し、その間で挟まれる形となった梅雨前線が長時間にわたって停滞し大雨となったそう。
大雨の直前に通り抜けた台風7号が、暖かく湿った水蒸気の通り道を太くしたことも影響したという。

.
いろんな原因が重なったんですね・・・。

また、防災科学技術研究所が国土交通省などのレーダー情報を解析したら、
広島県では6~7日、積乱雲が連なる線状降水帯が発生していたそうで、
同じ場所に次々に積乱雲が流れ込み、大雨につながったとみられる。

ここ数年は豪雨被害はやはりありましたので今年だけ特別ではないと思いますが今回は酷かったですね。

原因は 温暖化?バックウオーター現象?

西日本豪雨の後、テレビなどでよく聞かれたのがバックウオーター現象

岡山県倉敷市真備町では、42人の犠牲者を出していますが、それは、川が決壊して町の約4分の1が浸水してしまった事が原因です。
町が冠水した原因の一つがバックウオーター現象とのこと。

バックウオーター現象とは、河川や用水路などの開水路において、下流側の水位変化の影響が上流側に及ぶ現象のことである、と記載されています。

しかも、倉敷市では、以前から小田川の決壊などを想定し危険な地域などを知らせるハザードマップを作成していたそうです。
真備町は、なんと5メートル以上も浸水する恐れがある区域とされていたそうです。

このハザードマップが記した浸水区域とJAXAが衛星をもとに今回の被害地域を画像化したものを比べると浸水したとみられる赤い地域がハザードマップと、ほぼ一致する。

.
そのまま一緒だ!!
.
ちゃんと住んでる皆さんがそれをわかっていれば、もっと早く避難できたかもしれないですね・・・。

温暖化が原因で水位があがったのかなとか思っていましたが、全然違う原因だったんですね。

Sponsored Links


西日本豪雨のネットの反応

西日本豪雨で感じたのが、災害の度に取り沙汰されることだけど、相変わらず学ばない人が多い。
夜だと遅くなるほど避難する気が失せる。もちろんこれが被害のメインの原因かはわからんけど。
西日本豪雨の募金はお小遣いの範囲で少ないけどしたいな。それかお水を箱で買って送ろうかな。どこに送ればいいんだろう。
首都圏のメディアが西日本豪雨以外のニュースを流しているからといって、首都圏や東京が西日本豪雨に関心がないというのは違うと思う。
この時代に雨で何百人も亡くなるって、どういうことなん…何が起きてんの…
西日本豪雨災害の被災地のことを思うと何かしてあげたい気持ちになるけど、でも何も出来ない自分が情けなく思うけど(;_;) ボランティアに行ってる人は凄いなあって尊敬する思いです(*^^*) 私もせめて募金とかしたいなあ(;_;)(;_;)(;_;)
西日本豪雨でリスク管理必要って実感
大変だ…頑張ってください
バックウオーター現象って何なの?って聞いたら、ただの逆流だよ!と教えてもらった…。カタカナより、逆流の方がわかりやすい。
情報があったとしても、それをきちんと伝えてないところも問題だし 過去に水害があったのに活かされてないのも問題

出典:twitter

まとめ

西日本豪雨、まだまだ被害もあって本当に大変です。
ニュースでも、息子は避難しようって言ってるのに家で片付けしているお父さんが、後で家が浸水して息子さんと避難する映像が流れたりもしていました。
ちょっと迎えが遅れたら、もしかしたら亡くなる可能性もあったかもしれません。
自分は大丈夫、そう思っている人も多いでしょうが、やっぱり情報をしっかりキャッチして、早めに対応していかないといけないです。
私の友人夫婦なども広島に居ますが、テレビで流れていた地域に住んでいて、避難したといっていました。
地震もそうですが、大雨でも油断できないですし、ハザードマップなども各自治体で確認できるようですし、自分や家族を守るためにもちゃんと確認して、いざという時に備える必要があります。

Sponsored Links


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー