災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

LATEST ENTRIES

新潟下越・山形県沖の大地震の過去は?55年ぶり「今まであまり起きてないところでなぜ?」

新潟・山形にて2019年6月18日に山形県沖・新潟下越にてM6.8の大地震が起きました。 新潟上越はよく見かけますが、下越は あまり見かけないエリアなので過去の地震を調べてみました。 [ad#co-1] 新潟下越の大地震の過…

つむじ風とは危険なの?衝撃動画と竜巻との違い

2019年4月、週末には各地で「つむじ風」が発生しました。春の気温が上がり始めるこの時期には よくおこりますが、つむじ風とは危険なのでしょうか? 竜巻と比べるとどのくらい危険なのでしょうか?調べてみました。 [speech_bubbl…

花粉光環とは?読み方と画像を集めてみた!「大量飛散の前兆?」「恐ろしい」

花粉光環とは花粉によっておこる恐ろしくも美しい自然現象であります。 時々虹が丸く見えるように、花粉の飛散によって、光が丸く美しく、かつ恐ろしく見える現象であります。 私も2年前から花粉に悩まされるようになりましたが、まさに地獄。 …

CCSとは?地中貯留実験とは?地震との関連を鳩山元首相ツイートで炎上も根深い問題の理由

CCSとは?地中貯留実験とは? 鳩山元首相がツイートしたことでネットで話題になっています。 別記事でもお伝えしたのですが、CCS地中貯留実験と地震との関連は、「時期的には確かにマッチ」しているけれど 「距離的なもの」と明確な理論で…

胆振地方中東部地震の原因は?鳩山元首相も指摘するCCSとの関連も調べてみた

胆振地方中東部おいて2019年2月21日21時に震度6弱が起きました。2018年9月7日の震度7に続いて この地域において立て続けに起きていることになります。 この地域は元々あまり地震が多いと言える地域ではありません。 原因につい…

リュウグウノツカイ大量発見で南海トラフ地震が来るという嘘を具体的数字ぶった切ってみた

リュウグウノツカイという深海魚の大量発見が最近話題になっていて 古くから「リュウグウノツカイが打ち上げられると大地震が来る!」という都市伝説が存在するため 南海トラフ地震が来る!ということを誇張して叫ぶ人やサイトがあります。 学生…

濃霧の発生条件まとめ!なぜ大阪がサイレントヒル状態に?

濃霧の発生条件をまとめました。 2018年12月21日の朝、大阪が100m先も見えない濃霧で、ネットでは「サイレントヒル状態!」と騒がれていました。 これは今回だけでなく、埼玉でも以前話題になりましたし、時々発生する自然現象です。 …

ニューカレドニア地震の日本への影響と関係はあるか?前兆ととらえる人がいる理由

ニューカレドニアで地震が頻発しています。日本にも影響があり津波警報がでています。 「若干の地殻変動」とのことで、どれくらいの高さの津波になるか分かりませんが注意が必要です。 忘れている人が多いかもしれませんが50cm以上でも人は死に…

アラスカ大地震の過去を調べてみた結果!被害状況がヤバイ「1964年にはM9.2!」

2018年11月30日午前8時29分(日本時間1日午前2時29分)アラスカでM7.0の大地震が起き津波も警戒されています。 被害状況と、過去のアラスカの大地震について調べましたのでシェアします。 [speech_bubble t…

焼岳が噴火したら影響は?大地震の前兆というのがデマで根拠に欠ける理由

焼岳に火山性地震が多数起こっており心配の声が多くあり、あるサイトでは大地震の前兆だ!ということを最もそうな理論で広めている。 大地震の定義にもよりますが、M6以上は月1回以上のペースで起きます。世界ではもっと、日本内でも計算上そうなります…

さらに記事を表示する
jisinsonaek_sidebar

カテゴリー