災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

LATEST ENTRIES

首都直下地震での高速道路の被害想定はどうなっている?意外な国の数字

首都直下地震の時、高速道路の被害想定はどうなっているのでしょう? 毎日のようにこれだけの利用者がいる首都高をはじめとした高速道路が閉鎖されインフラが止まるのか? また、大地震後は無理に車に乗らない方がいいのか?それとも一刻も早く県外に行…

南海トラフ地震で岡山の被害想定は本当に小さいのか?確認してみた結果

東日本大震災以来移住者が増え続けている岡山県。 自然災害の少なく、原発から遠く、利便性も悪くないということで広島と岡山への移住者が全国的に多い数字が出ています。 しかし2016年後半には大きな地震もあり、また南海トラフ地震が起きた際…

茨城北部震度6弱に前兆はあり予知されていたかを検証

2016年12月28日の茨城北部震度6弱の地震に関して、どれだけ警告されていたか?前兆はあったのか? 専門家は予知していたのか? について検証していきたいと思います。 [ad#co-1] 茨城北部震度6弱に前兆は? 前…

茨城北部震度6弱の余震は多いのか?過去の地震との比較

2016年12月28日12時38分の茨城北部での震度6弱の余震状況についてまとめていきます。 過去の地震との比較と、今回の地震の位置づけなどを見ていきましょう。 [ad#co-1] 茨城北部震度6弱の余震は多いのか? 茨城北…

茨城県北部地震の過去は?なぜこの時期に?数字で見てわかる2011年以降の異常!

2016年12月28日21時38分、茨城県北部にて震度6弱の地震が起きました。 茨城県の地震といえば「南部」が主で、首都直下地震の可能性も「茨城県南部」の可能性を指摘されていました。 しかし、今回速報では「北部」においてM6.3…

カンピフレグレイ噴火したらどうなる?過去の事例から見る恐怖

ローマのイタリア国立地球物理学研究所が発表によると カンピ・フレグレイの地下にある超巨大火山が臨海状態に近づいているという。 火山というのは、その規模によっては人類を滅亡させるほどのものも大昔には起きている。 まさか人類が…

2016年は地震が多い年だったのか?過去比較から2017年を予想してみた

2016年は地震が多い年だったイメージがある。熊本・鳥取・福島沖など記憶に鮮明なものが多いが それは特別な年だったのだろうか? 実際に数字で見てくると、自分の感覚と違うものが出てくるので 今回は2つの観点から、過去の数字と照らし合…

台風26号がまたフィリピンに!今年は上陸が多かった?数字をまとめてみた

恐らく2016年最後となる台風26号がフィリピン近くで発生し、クリスマスに上陸する事態となっています。 今年後半は非常にフィリピンを襲う台風が多かったですね。日本には影響はありません。 今回は2016年のフィリピンへの台風を簡単…

フェーン現象が日本で起きやすい場所は?わかりやすく説明してみた「糸魚川市の火災の原因か?」

2016年12月22日に発生した新潟県糸魚川市の火災の規模が大きくなったのは、フェーン現象ではないか?との観測が広がっています。 気象庁によると、太平洋側の高気圧から日本海側に発達した低気圧に向けて湿った空気が流れ込み、 山を越えること…

南海トラフ地震の東京の被害想定を確認!島と本州での違い

南海トラフ地震がいつかは来る。大地震が来るたび日本人は南海トラフの前兆か?と噂する最近ですが 日本の首都である東京の南海トラフ地震の被害想定はどうなっているでしょうか? 東京は多少、南海トラフの海溝からズレる気がします。調べてみました。…

さらに記事を表示する
jisinsonaek_sidebar

カテゴリー