災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

PM2.5対策で子供マスクを最優先に準備!九州は既に対策しないとヤバイ?

PM2.5の対策は真っ先の子供にマスクからしてあげたいところ。

中国でPM2.5が猛威を振るっています。北京では最悪の汚染を示す赤色警報が

発令され、空は無秩序に絵の具を混ぜたようなおかしな色をしています。

大陸から季節風に乗ってPM2.5が日本にやってきています。筆者は毎日チェックしていますよ。

影響を受けやすい子供にマスクを買ってあげましょう。

マスク選びのコツについて。

スポンサードリンク


PM2.5対策に子供にマスクを選ぼう

影響を受けやすい子供には真っ先に対策が必要です。

PM2.5というのは大きさが2.5マイクロメートル以下の粒子のことです。

小さすぎて単位が分かりにくいですが、マイクロとは1ミリの1/1000の

大きさです。目に見えない細かい微粒子ということになります。

 

中国では、燃料に安い石炭を使うことが多く、また公害対策もまともに

施されていないために工場のばい煙などに、PM2.5が多量含まれます。

PM2.5はとても軽いので、風にのって広範囲を移動します。

 

そして、これが体内に入ると様々な症状を引き起こすと言われます。

PM2.5気管支炎などはその典型例でしょう。レントゲンをとってもなんとも

ないのに咳が止まらなくなる症状です。

 

そこで活躍するのがマスクです。ただし、マスク選びを誤ると全く意味が

ありません。なにせ、2.5マイクロメートル以下の粒子なので、普通の

マスクでは呼吸とともにマスクを通過してしまうのです。PM2.5を防ぐには

家庭用マスクでは不十分です。

 

PM2.5から身を護るには医療用マスクか

産業用マスクが必要になります。どちらも細かい物質から身を護るマスク

ですが、産業用のマスクは息苦しさが気になります。それに形が家庭用

マスクと異なり、周りから見るとかなり違和感があります。そこで、選ぶのは

医療用マスク一択ですね。

 

筆者の医療用マスクのオススメ商品です。

*楽天リンクとなります。

このマスクは2.5マイクロメートルどころか、0.1マイクロメートルの

粒子を99%取り除きます。医療用ということで衛生面にも気遣いが

あり、口紅がつきにくかったり、眼鏡が曇りにくいという配慮がいかにも日本製です。

日本製ということで、お値段は少々しますね。

サイズがありますが小学生高学年くらいの子供にはSサイズを買って

あげましょう。

 

スポンサードリンク


PM2.5がやってきても換気も重要

PM2.5は脅威ですが、換気はきちんと行うべきだと指摘する専門家が

います。PM2.5を恐れるあまり、部屋の窓を締め切ったきりにすると

今度はノミやダニの被害が増えるのだそうです。具体的には、

アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、気管支喘息という形で

表れます。PM2.5は気になりますが、部屋の換気を怠ると思わぬ

方面から病気になりますので注意が必要です。

 

外からはPM2.5の脅威、内からはノミ・ダニの脅威という板挟みに

なりますね。中国にはきちんとした対策を要求したいものです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー