災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

四川省の地震と日本は相関関係はあるか?過去則を調べてみた結果

2017年8月8日午後9時19分に震度7、M6.5という報道とM7という報道がありますが四川省にて地震が起き被害がでています。
後述しますが、現地からあげられた映像を見るとかなり大変な状況であるのが伝わってくる。
ところで、先入観的には、中国の大地震と日本の大地震が近いようなイメージがあるのですが
本当に過去の大地震は中国と日本は相関関係はあるのでしょうか?
過去の数字を調べてみました。

スポンサードリンク

四川省の地震と日本は相関関係はあるか?過去則を調べてみた結果

まずは四川省の様子から。
Twitterで中国関係のアカウントからあげられているものです。

https://twitter.com/PDChina/status/894928455200067585

ちなみに四川省は中国の真ん中に位置するものです。

世界遺産も近く、観光客が4万人ほど訪れていたということで、現地は混乱気味。
けが人の数など詳しい情報は入っていません。

四川省は地震の巣

四川省の大地震についてはwikiでも「一覧」が紹介されているほど、よく起こる地域であります。
引用すると以下。

1786年6月1日 康定・瀘定地震 7.8(*)
1786年6月10日 (瀘定) 7.0(*)
1816年 1816年爐霍地震 7.5(*)
1850年 西昌地震 7.5(*)
1933年 茂県地震 7.5(*)
1935年 馬邊地震 6.0
1955年 康定折多塘地震 7.5
1955年 會理地震 6.75
1973年 爐霍地震 7.6(*)
1975年 康定-九龍地震 6.2
1976年 鹽源-寧蒗地震 6.7
1976年 松潘・平武地震 7.2
1981年 道孚地震 6.9
1982年 甘孜地震 6.0
1989年 巴塘地震 6.7
2001年 雅江地震 6.0
2008年 四川大地震 8.0
2008年 攀枝花地震 6.1
2013年 雅安地震     7.0
(*)は理科年表平成17年版による数値
出典:https://goo.gl/We65ab

個人的にまず見たのが、1995年阪神大震災、2011年東日本大震災、2016年熊本地震ですが、それらとかぶる年はありません。
また、前回の南海トラフ地震と言われる1923,24年ともかぶりません。

スポンサードリンク

数が多いので、1973年以降でM7以上のものを取り上げます。*55年の正確な日付が分からなかった

四川で地震が起きて、日本で前後3か月にM6以上の地震をピックアップしました。
取りあえげるのは以下の4つです。2008年が非常に有名な大地震となります。

1973年 爐霍地震 7.6(*)
1976年 松潘・平武地震 7.2
2008年 四川大地震 8.0
2013年 雅安地震     7.0

▶1973年2月6日 爐霍地震 7.6

震度は小さいですが、千島の先でM7が22日後に発生。

出典:https://goo.gl/aMDoUZ

▶1976年8月16日 松潘・平武地震 7.2

4つの中で一番相関がなさそうな数字を出しています。

出典:https://goo.gl/aMDoUZ

▶2008年5月12日 四川大地震 8.0

4日前に茨城でM7の震度5弱、1か月と2日後に岩手でM7.2の6強。世界で地震が多い年は日本でも多いように思えます。

出典:https://goo.gl/aMDoUZ

▶2013年4月20日 雅安地震     7.0

1週間前に淡路島でM6.3の震度6弱が気になります。その後千島でM7、オホーツク海でM8.3が起きています。

出典:https://goo.gl/aMDoUZ

スポンサードリンク

結論

これを見て、ただちに「相関関係はある!」ということはできません。
日本では、M6以上は年間でこの17年の平均が24回起こっています。(東日本や熊本の地震が平均数を押し上げていますが)
つまり月に2回は起こるということです。

そして震度5弱以上が17年の平均が6.76回。つまり2か月に1回は起こります。

ですので、前後3か月であったら、上記の数字が1,2個あるのは普通ともいえるのです。
ただ、M7、M8になると極端に数字は落ちますので、そういう意味では、M7以上が1976年意外に入っているのは注目出来ますので、相関がないとは言い切れません。

2008年2013年見れば分かるように、大変な年、日本でもやはり地震が多いです。
ここのところ震度3が続いていますので、日本で大きな地震がいつ起きても不思議はない状況です。

残念ながら私もいろんな情報を3年見てきましたが、確実にピンポイントで当てる情報源はありません。
専門家が違うアプローチで予想をしていますが、大まかな予想で、どうしてもピンポイントで何日、ということはできません。

最近言われているところについては関連記事を参考にしてください。

■関連記事

地震前兆8月(2017)最新情報をまとめてみた!村井・早川教授と過去則を整理した結果

マリアナの法則とは?その再検証と硫黄島から日本列島への北上はありうるか?を調べた結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー