災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

室外機が凍る!その対処法は?

2018年1月22日昼から23日未明にかけて、関東地方では大雪でした。
4年ぶりに大雪警報が発令された今回の大雪では、交通トラブルも起きたため、大変でした。
また、家庭ではエアコンの室外機が凍るなどのトラブルも起きていました。
そこで、もし室外機が凍った時などの対処法について、まとめていきます。

Sponsored Links


室外機が凍る!対処法分からない関東太平洋側…

室外機が凍る恐ろしさを初めて知った人も多いようです。

ツイッターでは以下のようなコメントが出ていました。
「全然エアコンが効かない」
「エアコンから冷たい風でてくる」
「エアコンから風でなくなった」
エアコンが効かないのは元々寒いから…、と言い聞かせれば納得はいきます。

ただ、冷たい風が出てくる、となれば、死活問題です。
特に今週一週間は厳しい寒さになる、という予報も出ています。
そこで考えていただきたいのが、エアコン本体ではなく、室外機です。
室外機は家の外にあります。

そして、吹き出し口から排水が排出され、みなさんの家庭へ快適な風が送られるわけです。
そこで考えていただきたいのが、
「排水が凍るとどうしよう…」
ということなんです。

更に酷いのが、それを理解せずに、エンジンをかけると、最悪、風が逆流し、故障の原因となるのです。
また、同じような現象が1家庭だけでなく、数件同じ事象が起きれば…どうなるかはご想像にお任せします。
そこで考えていただきたいのが、
「エンジンをつける前に何をすればいいのか」
これについてみなさんこれから春にかけて対処してください。

Sponsored Links


室外機が凍った時の対処法を分かりやすくまとめてみた

まず当たり前ですが、エアコン運転前に必ず室外機の状況を確認してください。
積雪している場合は、雪かきをして吹き出し口を中心に、雪を取り除いてください。
また、室外機へお湯をかけて凍結を溶かすのも効果的です。

この場合は、かけ過ぎてしまうことで、故障してしまう可能性もあります。
十分に注意してください。
また、最悪の事態に備えて、エアコン以外の暖をとる手段を取れるように準備しておくのも効果的です。
例えば、スキーウェアを用意しておく、電気ストーブを用意しておく、などです。

シャープさんもツイッターで対策を出していますね。

Sponsored Links


ネットの反応まとめ

「エアコンは室外機が凍るから使えないし、ストーブは湿気を外に出す工事が必要で使えない」

「情報が錯綜してどうすればいいか分からない。とりあえず外に出て雪掻き…嫌だなぁ」

「小さい頃とかは雪積もったらはしゃいでたけど今は室外機が壊れて暖房つかなくなるわふざけないでくれ」

「寒い、エアコンが効かない!」

「停電したら凍死するじゃないかっ」

「室外機凍ったらエアコン使えないのか….初めてしった」

「寒い、凍死するかと思った」

「室外機でエアコン効かなくなるって20年知らなかったぞ…」

といった雪に対しての声もあり、混乱は数日間続きそうです。

参考リンク:Twitter

感想・まとめ

特に太平洋側では雪が降る、ということに慣れてないので困っているようです。
エアコンをつけると暖をとれますが、それにこだわらず、他の手段を今日明日中に確認しておかないといけません。
また、熱湯をかけてしまうと更に室外機が凍る可能性もあるので、ぬるま湯でかけるように気をつけないといけません。
今後も数日間は各地方で雪が降る可能性があるので、注意して欲しいです。

Sponsored Links


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー