災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

台風では新幹線と飛行機どっちを選択すべき?キャンセル料とともに調べてみた

台風が来ても、どうしても移動しなければならない時、新幹線・飛行機どっちを選びますか?

台風が来たとしても、我々サラリーマンにはどうしても行かなければならない場所がある時があります…。
どちらも影響うけるとなった場合には、できるだけ確実に目的地へつける手段を選択したいかと思いますが、
どちらを選択するほうがbetterなのか…。
予約していれば、キャンセルもしなければなりませんがキャンセル料はどうなっているのでしょうか。

新幹線と飛行機どちらを選択すればいいのか調べてみました。

てか、台風なのに部下を外に行かせる上司が無能やろっ!
上司は仕事に夢中すぎて、台風の知識と情報がないのです..
Sponsored Links


台風では新幹線と飛行機どっちを選択すべき?

飛行機の場合は、台風で飛行機が飛ばない場合とは、航空会社によって基準がちがうようですが
出発地、到着地、空路の天候、風速、雲底高度、などによって最終的には、パイロットが決めることになっているようです。
けれど、早めに航空会社が欠航を決めてしまうこともあるみたいです。
そして飛行機については、飛行場からのアクセスの状況も考慮する必要があります。

新幹線については、強風の場合は各社統一の条件が設定されているようです。
風速25m/sで徐行又は運転見合わせ、風速30m/sで運休
大雨のときは、強風のときよりも運休する条件が低いようで、基準も各社ちがうようです。
新幹線の基準は明確ですが、運転見合わせもあり、運休になるまでの決定は飛行機に比べ時間がかかるようです。
できるだけ、現地へ近付く可能性は近くなると思います。

上記の規定だけでは決めづらいですが、飛行機に比べれば新幹線の方が運行する確率が高いいえるでしょう。

風速25m/s以上の台風だと事前に分かっていれば動かないと見て
仕事を中止する判断したほうがいいでしょ
最近では、もう事前に「明日は運休します」という鉄道会社も出てきたよね。これ助かるわ 最初からこうすべきだったね

ちなみに風速や進路の情報は以下の気象庁から風速などを把握できます。

http://www.jma.go.jp/jp/typh/

新幹線と飛行機、台風時はキャンセル料全部返金される?

飛行機は、キャンセルの基準について運行会社毎のようですが、おおむね台風の場合はキャンセル料全額が返金されるようです。
又、台風が理由の場合はキャンセルの手数料はいらない会社が多いようです。

新幹線は運休(出発しない)の場合は、全額払い戻してもらえます。
運転見合わせの場合は、2時間以上遅れて到着すると特急料金だけが払いもどされます。

Sponsored Links


台風時の交通事情は?ネットの反応

.
鉄道の場合は途中駅で止まってしまう可能性がある
.
新幹線のほうが動く可能性が高い
.
航空便が欠航になるのは、最長でも1日
.
飛行機はすぐに飛ばなくなる
.
在来線がとまっても新幹線は動いている場合がある
.
新幹線は広範囲に渡って影響がでる可能性がある
.
飛行機は機材のやりくりも影響する
.
飛行機だとあきが出るまでまつ必要がある
.
待機するなら飛行機のほうがいい
.
新幹線は動かなかったと聞いたことがないから無敵だ

出典: https://goo.gl/PRhhQd

まとめ

より速い移動手段といえば、飛行機か新幹線。当然、より速く、より安く、より快適に移動できる手段を選んで
移動の計画をたてています。そこに、予想外の台風がくると目的地につくことさえ難しくなることもあります。
飛行機・新幹線どっちがいいのか。安全に空港で待ったほうがいいのか、できる限り目的地に近付いたほうがいいのか?
どちらを選んでも、キャンセル料は戻ってきます。
適時に判断するのは難しいことかもしれませんが、そのためにも判断するための情報があるといいですね。

事前に台風がどこにくるかは、このサイトを是非ブックマークしていただければ、最速で分かります。
米軍、ECMWFの予想が5日~先で見れますが、3日前になるとだいたい正確ですので
それで事前に予定自体を変える、など出来るかと思います。

その日、緊急でという場合は航空会社に直で問い合わせるべきですが、恐らくつながりにくいでしょう。
私なら「Yahoo!リアルタイム検索」で最新情報を取得します。参考にしてください。

 

Sponsored Links


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー