災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

台風対策でエアコンの絶対知っておきたい5つのこと!一過で修理依頼がたくさん来る理由!

台風が通過すると、エアコンの修理がたくさんあるとのこと。
もちろん台風によって修理が必要な状況になったのですが、たくさんあるということはエアコンは台風に弱いのでしょうか?
修理するということは、余分な出費がかかる、その間使えなくなってしまうということです。
やはり、台風が来る時は、エアコンに対する対策が必要なのでしょうか?

Sponsored Links


台風対策が必要!エアコンの修理依頼たくさん来る理由

台風でエアコンが壊れる場合、台風で壊れる場合と台風の影響によって壊されてしまう場合があります。

エアコンは盲点だった!対策必要だね

台風の影響でエアコンが壊れる場合とは、強風により室外機が壊れる場合です。
強風の台風の場合、エアコンを使用していると室外機の中のファンは強い影響を受けます。
ファンに外部から強風による無理な力が加わり、板挟みになったファンの羽が割れたり、折れたりしてしまうのです。

また、モーターが逆に回されたり、ファンが回らなくなって停止する場合もあります。
故障の種類としては、モーターの破損、ブレードの破損冷媒漏れがあります。
冷媒もれの場合は、修理できず室外機の買い替えとなってしまいます。

台風の直接の影響ではないのですが、他所から飛んできた飛来物が室外機に直撃して壊れる場合です。
隣家の庭木の枝が折れてファン部分に刺さって壊れてしまう、自宅の瓦が上から落ちてきて、砕けた瓦を巻き込んでしまう例などがあります。

台風でエアコンについて知っておきたい5つのこと

台風対策としてエアコンでやっておきたいことは以下です!

1、エアコンを設置する際には、信頼できる業者に依頼することです。
エアコンは高額な買い物です。台風の影響も考慮して設置できる業者に頼むことも大事なことです。

2、エアコンを建築後につける場合は、無理に設置している場合も多く、台風の影響を受けやすいことを理解しておくことです。

3、室外機に内蔵されている電気、電子系部品には基本的に水加工されていなということを認識することです。
室外機を洗浄しようと水をかけて洗う場合には、上からに限定して洗うこと・台風の際には室外機にカバーをつけておくなど注意が必要です。

4、室内機で発生する結露水を室外に排出するドレーンホースに注意することです。
ドレーンホースにほこりがたまると、水が流れにくくなり、強風によって室内に降ってくることもあります。
あらかじめ取り除いておくことが必要です。

5、最後に台風の際はエアコンを使用しないようにするということです。

Sponsored Links


台風とエアコン…ネットの反応

.
エアコンが壊れて修理してもらうのに2週間もかかってしまった
.
エアコンは家電の中で一番高いものだから被害の甚大
.
修理依頼してもなかなか順番がまわってこない
.
エアコンが壊れると、保険屋さんがくるまで修理できない
.
強風の影響で室外機が横転して故障してしまった
.
どこも修理まちだと思うのだけど、職人さんもがんばっている
.
エアコン壊れてしまって耐えるしかない。熱中症が怖い
.
台風でエアコン稼働していて、停電。復旧して、過電流で壊れることもある
.
エアコンが古すぎて修理するより買換え。まずは見積もりから・・・
.
まさが自分が台風の被害を受けるには。エアコンの修理を頼むなんて
出典:https://search.yahoo.co.jp/realtime/search;_ylt=A2RCKwkKqaxbDSEA5gRnl_p7;_ylu=X3oDMTBiZGdzYWtnBHZ0aWQDanBjMDAz?p=%E5%8F%B0%E9%A2%A8%E3%80%80%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%80%80%E4%BF%AE%E7%90%86&ei=UTF-8

まとめ

夏場にエアコンが壊れると大変です。まして、台風で壊れるなんて、台風が通りすぎほっとした後に壊れていたら、
どっと疲れもましてしまいます。けれど、台風に対して、壊れないように対策もできます。
エアコンを使わない、カバーをつけるなどの対策は簡単にできます。
今年は台風の被害もたくさんでてます。まだ、台風も到来しそうです。少しでも対策することにより、被害が少なくなるのではないでしょうか。

Sponsored Links


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー