災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

台風15号2017最新進路アメリカ予想とヨーロッパ情報!大型の台風、暴風に注意

台風15号2017が28日16時15分ごろ発生しました。台風15号の名前は「サンヴー」で、珊瑚を意味します。
台風5号の上陸以来、8月はずっと台風の発生は少なく、接近するものもありませんでした。
15号は久しぶりに日本に影響がありそうな進路ということで、最新のアメリカ進路予想やヨーロッパ最新情報をチェックしていきましょう。
スポンサードリンク

台風15号2017アメリカ最新進路予想について


出典:米軍合同台風警報センター(JTWC)http://www.usno.navy.mil/JTWC/

9月1日更新
最新のアメリカの進路予想画像です。
31日の予想よりも影響のある範囲が若干東寄りになり、関東~北海道にのみ影響がありそうな予報となっています。
2日がピークで最大風速47m/s、これは「非常に強い台風」に定義される強さでかなり危険です。上陸していたらトラックの横転や住居の倒壊といった被害が出るほどで、太平洋上に存在していても被害が出る可能性は十分あります。
中心が遠いとは言え、過去にも台風が去った後に大きな被害があったことを覚えていますでしょうか?今年の話です。バックビルディング現象?(原因はこれに特定されているわけではないが)で九州豪雨災害がありました。

参考:大雨特別警報の過去事例まとめ!台風通過後にも災害が多い理由はバックビルディング現象と温帯低気圧の誤解か

台風が近くを通ることで大気が不安定になり、何かしら異常気象の引き金になりますので油断はなりません。
今後の情報に注意していきましょう。

*注意:米軍・ヨーロッパは9時間の時差がありますので+9時間でとらえてください。

参考:台風の強さについて
風速       日本の分類
17.2~32.7m/s  台風(昔は「弱い」「並み」を使っていたがやめた)
32.7~43.7m/s  強い台風 →野外は極めて危険
43.7~54.0m/s  非常に強い台風 →トラック横転の可能性も・倒壊する住居も出てくる
54.0~      猛烈な台風
70.0~    スーパー台風 日本はまだ未経験

台風15号2017ヨーロッパ最新進路予想について


出典:ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)http://goo.gl/hvzeaF

8月30日更新
ヨーロッパECMWFの最新gif画像です。
この画像では9月2日~5日あたりにかなり濃い緑色の台風になっていると思われます。アメリカの予想通り勢力を強めてくるようです。
進路的に日本に直撃はしなそうですが、勢力の強い台風ですと影響はありそうですし注意が必要です。今後進路が変わる可能性も十分あります。
常に最新情報に目を通し、警戒していきましょう。
スポンサードリンク

台風15号気象庁の最新進路予想



出典:気象庁http://www.jma.go.jp/jp/typh/

9月1日更新
気象庁の最新予報です。
気象庁の予報では1日夜から2日午前にかけて非常に強い台風となると予想されています。小笠原諸島はかなり危険です。最大風速45m/sとなっていますので、外出は控え安全なところでやり過ごした方が無難です。
米軍と少し予想が違いますが、直撃をしなくても日本に近づくだけで影響はあるでしょう。
今後の最新情報に注意していきましょう。

今年は台風の被害は少なめ?上陸数を過去10年と比べてみた

今年は台風の被害が例年よりも少ない印象です。たしか7月と8月で1回ずつの計2回の上陸だったでしょうか?
そこで、今年の上陸数と過去10年分の上陸数を比べて、台風被害が例年と比べて少ないのか、そうでもないのかを確認していきましょう!


https://goo.gl/EVc1MD

いつも通り気象庁の統計データを引用してみました。
今年の上陸数はやはり7月8月で1回ずつの計2回ですね。
そして過去10年間のデータを見てみると、意外と上陸数はどの年もそんなに多くはないことがわかります。例外として、2016年は7月は0だったものの、8月に4回も上陸していてかなり多いです。2015年も7月8月で3回と、例年より若干多めです。
昨年、一昨年の印象が強かったからこそ今年の上陸数は少なく感じたんですね。客観的にデータを見てみることの大切さがよく分かりました。

今年はこのまま台風被害が少なく終わってほしいところですが、15号はじめこれから台風がたくさん発生してくる可能性もあります。
最新の情報に常に注意して台風被害に備えましょう。

「台風被害 準備しておけばよかった!」ベスト3

第1位:飲める水の確保

水が命です。災害備蓄(ローリングストック法)としても利用できる宅配水を利用する人が増えています。水害でも飲める水がない、という事態に悩まされます。
富士山のバナジウム天然水を全国にお届け。 うるのん

第2位:非常用持ち出しバック

地震と同じですね。3日分のものがほぼ完ぺきに入っています。
防災士厳選の防災グッズ36点セット

第3位:自転車用ポンチョ

台風前後の話ですね。どうしても出かけなければならない時は発生するものですが
自転車用のポンチョがあるかないかで大きく違ってきます。
【krosta】グッジョブ!! 自転車用 ロングレインコート ポンチョタイプ フリーサイズ (ネイビー)

注意:筆者は気象予報士ではありませんのでその点はご了承ください。仕事上、先の天気の情報が必要なのでチェックしシェアしております。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー