災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

台風17号たまご2019の進路予想ヨーロッパと米軍最新情報!8月と9月で被害はどっちが遭いやすいか調べた結果

2019年9月18日現在台風17号2019たまごが気象庁において確認できます。

まだ進路予想は確実ではありませんが、17号は日本に接近しそうな図となっています。

実際に17号が発生したら、マレーシア語でターサーという「なまず」を意味する名前となります。

米軍最新進路予想やヨーロッパの最新予想を見ていきましょう。

15号の停電の影響が続いていて、実は千葉に旅行にいけなくなりました。千葉の方は今大変な思いをしていると思います。何か出来ることはないか
Sponsored Links


台風17号たまご2019ヨーロッパ最新進路予想について

台風17号たまご2019のヨーロッパEMCWFの最新進路予想を見ていきます。
EMCWFは10日先まで出しています。10日先ですので、予想がけっこう変わったりすることはありますが
参考にはなります。先の予定も立てやすくなります。

18日更新

出典:ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)http://goo.gl/hvzeaF

ヨーロッパEMCWFを見ますと、分かりずらいですね…。

台風16号がそのまま日本に向かっているのか、台風17号として別のものが行っているのか分からいづらいところ。

なんだか台風が分烈しているようにも見えるね。日本に来るのが17号なのか18号なのかもわかりづらい図

今後も最新情報に注意していきましょう。

台風17号たまご2019アメリカ最新進路予想について

台風17号たまご2019のアメリカ米軍の進路予想となりますが

18日更新

出典:米軍合同台風警報センター(JTWC)https://goo.gl/oYDHo3

米軍の台風17号たまご最新進路予想は
18日時点では進路や強さの数字が出ていません。

なんだか予想が難しいのかね最近。家もtenki.jpで雨が降らない予定だったから洗濯物干したら1時間後に予想が変わってて、雨降ったというパターンが3回くらい最近あったのよー

今後更新していきます。

 

*注意:米軍・ヨーロッパは9時間の時差がありますので画像の数字は+9時間でとらえてください。

参考:台風の強さについて
風速       日本の分類
17.2~32.7m/s  台風(昔は「弱い」「並み」を使っていたがやめた)
32.7~43.7m/s  強い台風 →野外は極めて危険
43.7~54.0m/s  非常に強い台風 →トラック横転の可能性も・倒壊する住居も出てくる
54.0~      猛烈な台風
70.0~    スーパー台風 日本はまだ未経験

Sponsored Links


台風17号たまご2019気象庁の最新進路予想

台風17号たまご2019の気象庁の最新進路予想をシェアします。

以下18日時点のものです。

出典:気象庁http://www.jma.go.jp/jp/typh/

実は今年から改善され暴風予想の円が小さくなったとか。予想精度が高くなったのだとか。

19日には台風になる予想となっています。

今年は8月が少なかったから9月に来る気がする

8月と9月どっちの方が日本に上陸しやすい

台風は、8月と9月、どちらが日本に上陸しやすいのでしょうか?

まずは平年値を見てみましょう。

気象庁の平年値を見てみますと以下のように数字が出ています。


出典:https://bit.ly/1vHEa4o

こう見ると「発生」「接近」「上陸」ともに8月の方がやや多いというのがわかります。
大きな差ではないですが、8月の方が台風の被害に遭いやすいのですね。

しかし、以下を見てください。


出典:https://bit.ly/1vHEa4o

私の感覚的にも9月が多いなと思っていたのですが、それは「関東地区」在住だからです。
上記見ても分かるのですが、関東のように東日本の場合は台風は8月よりも9月の方が被害に遭いやすいことがわかります。

同じ日本でも、台風に対する感覚は沖縄の人・西日本の人・東日本の人で全然違うよね!

「台風被害 準備しておけばよかった!」ベスト3

第1位:雨どいの掃除・家のメンテナンス

雨どいのつまりは雨漏りの原因にもなりますし、軒先から雨水をそそぎ入れる状態を招きます!!悲惨なことになる前に!

漏電って怖いよね

雨どい、排水管、屋根など戸建のメンテナンスなら
業界最安値【イエコマ】

第2位:非常用持ち出しバック

地震と同じですね。3日分のものがほぼ完ぺきに入っています。
防災士厳選の防災グッズ36点セット

地震のこともあるし確実に用意!僕、水の期限キレたから水だけ買い直そ

台風後に絶対知っておいた方が良かったこと

第1位:火災保険を使って家の修繕ゼロの事例も!

台風後、住宅のどこかが損傷してしまった!そんな時、ただ闇雲にお金をかけて直すのではなく、
保険を使って、一番いい形で直しましょう!
住宅損傷修復ラボ

保険って複雑すぎるからプロが相談してくれると助かる

注意:筆者は気象予報士ではありませんのでその点はご了承ください。仕事上、先の天気の情報が必要なのでチェックしシェアしております。

Sponsored Links


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

    • とくもと
    • 2019年 9月 14日

    ウェザーニュースによれば、「日本のはるか南の海上にある熱帯低気圧は、今日13日(金)になって中心付近の渦がはっきりとせず、なかなか発達する兆候が見られません。一方で小笠原諸島の近くにある雲の塊が独立して北上し、関東に近づく可能性が出てきています。フィリピンの東にある熱帯低気圧が全体としてはゆっくりと反時計回りに回転しており、その動きにより東側の別の雲の塊は明日14日(土)以降、北上します。

    この雲の塊が15日(日)から16日(月)にかけて別の熱帯低気圧となり、関東の沖合を通過する見込みです。

    フィリピンの東の海上にある熱帯低気圧本体は動きの遅い状態が続き、しばらくは進路がはっきりとしません。
    台風になったとしても急速に発達することはなさそうです。」と言ってます。

    この新たに発達する可能性のある雲の塊と気象庁の言っている熱帯低気圧aが同一のものか不明です

    • とくもと
    • 2019年 9月 14日

    YAHOO!天気予報の天気図だと2019年9月13日 23時00分更新のもので1000hPaの熱低が2019年9月13日 14時40分更新の9月14日9時予想だと994hPaの台風に発達する模様

    • とくもと
    • 2019年 9月 16日

    ちょっと天気図の動きが複雑です。結局16号になるはずだった熱低が衰えて16号にならず、17号が繰り下げ台風第16号 (ペイパー)になったということでしょうか…15日あたりにも熱低が日本近海を通ってるけどこれは自然消滅の模様

      • disastress
      • 2019年 9月 16日

      情報ありがとうございます!
      更新できていなくて申し訳ありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー