災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

台風2号2017の最新進路予想米軍・ヨーロッパ情報をシェア!日本に影響あるかも

台風2号マールボックが6月11日16時05分にフィリピン北西に発生しました。
4月以来今年2個目の台風ですが、今回は日本に影響あるのではないかと思われます。

台風2号に関する最新米軍・ヨーロッパ情報をシェアしていきます。

→13日AM9時に華南で熱帯低気圧になりました。

スポンサードリンク

台風2号2017の最新米軍・ヨーロッパ進路予想と沖縄の影響

それでは米軍JTWCから見ていきます。

■米軍JTWCの台風2号の最新進路予想

出典:米軍合同台風警報センター(JTWC)http://www.usno.navy.mil/JTWC/

米軍の6月11日時点の予想によりますと、見事に日本に向かうためかのように急カーブしていますね!
ただし、勢力は台風としては弱いです。
ピークが12日の21時くらいで、中心付近最大風速25m/sとなっています。
そこから衰えていき、沖縄につくころにはすっかり10m/sくらいなので、温帯低気圧に変わっています。

それでも低気圧に変わりありませんので、台風ではないとしても雨風として影響はあるでしょう。

■ヨーロッパEMCWFの台風2号の最新進路予想

ヨーロッパは10日先まで予想をだします。場合によっては予想が大きく変わることもありますが大変参考になります。
6/11最新予想を出しました。


出典:ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)http://goo.gl/hvzeaF

ECMWFも多少仕様が変わりましたので途中で地形を変えないとうまく伝わらなくなってしまいました。
こう見ると米軍予想よりももっと強い風速予想で、これだと最後まで台風なのではないか?と見えます。
濃い緑は20m/s以上あることになります。

どちらにせよ、台風らしきものは上陸することなく太平洋に抜けていきます。

スポンサードリンク

■気象庁の台風2号の最新進路予想

6月10日に気象庁より台風2号のたまごである熱帯低気圧が確認がされました。

そして11日16時に2号が発生、こちらも米軍と同じく弱い予想です。

出典:http://www.jma.go.jp/jp/typh/

ご覧のように3日先までしか出ていません。

今年はスーパー猛暑と言われています。

さて、今回を皮切りに台風シーズンに突入するのではないかと思われます。
去年は発生が7月と過去3番目に遅かったものの8月の上陸数は過去の中でもトップクラスで
大変な年でした。

そして、今年はどうなるかは分かりませんが、スーパー猛暑と言われています。
海水温と台風は関係ありますので、今年もたくさん台風が発生するのでは?と思います。

少なくとも上陸が何回かあることでしょう。

当サイトでは早めに情報を出していきますので、是非ブックマークして
早めに情報をキャッチして、予定を早めに動かす、ということをしていただければと思います。

元々、私もサラリーマンで、自分の将来の予定を調整したいからできるだけ早く台風情報をキャッチするために書いています。
是非参考に。

■関連記事

スーパー台風の定義は?

スーパー猛暑日とは?気象庁が警告し2017年夏も覚悟が必要

スポンサードリンク

注意:筆者は気象予報士ではありませんのでその点はご了承ください。仕事上、先の天気の情報が必要なのでチェックしシェアしております。あくまで予想図ですので、自己責任で判断いただくようお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー