災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

台風3号2017のたまご発生?米軍とヨーロッパ最新予想と今年はどうなる!?

台風3号2017のたまごが米軍JTWCに見られる。
EMCWFはシステムが変わったので以前より見づらくなっていて現在見方を模索の最中だが
先まで予想していることには変わらないので公開していきたい。

それでは台風3号のたまごがどうなるか?見ていきましょう。

*気象予報士の見解ではなく、仕事柄必要なのでここ3年毎日見ている一般人の見解となります。

>>7/3 9:55に台風となりました。最新情報は以下よりご覧ください。
 ・台風3号2017の最新進路予想米軍・ヨーロッパ情報!今年初上陸

スポンサードリンク

台風3号2017の最新米軍予想

それでは台風3号2017について、米軍JTWCから見ていきます。

進路予想については、まだ出ていません。
24日の段階では「たまご」として、24時間以内に台風になる可能性のあるもの、として掲載されています。(可能性は低)
>>追記
その後、現れては消えが続き、7月2日1時 気象庁も熱帯的圧とする「たまご」の発生が確実に確認されました。

24日段階 これがしばらく続きました。

出典:米軍合同台風警報センター(JTWC)http://www.usno.navy.mil/JTWC/

>>7月2日1時

これは進路予想は今のところされてないので、台風になるか微妙というところでしょう。

*注意:米軍・ヨーロッパは8~9時間の時差がありますので+9時間でとらえてください。

参考:台風の強さについて
風速       日本の分類
17.2~32.7m/s  台風(昔は「弱い」「並み」を使っていたがやめた)
32.7~43.7m/s  強い台風 →野外は極めて危険
43.7~54.0m/s  非常に強い台風 →トラック横転の可能性も・倒壊する住居も出てくる
54.0~      猛烈な台風
70.0~    スーパー台風 日本はまだ未経験

■ヨーロッパEMCWFの台風3号2017の最新進路予想

ヨーロッパEMCWFは10日先以上まで予想をだします。
今年からシステムが変わったので、正直私の方も見方に四苦八苦しています。
日本がちょうどいい位置にならないので2つの地域で確認しなければならなくなっています。
今回はとりあえず、以下の位置で見てみます。25日以降に日本の南東に現れるものが、米軍が示している台風のたまごなのか、
非常に微妙です。

出典:ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)http://goo.gl/hvzeaF

わかりづらいですね。
違う視点でも見たのですが、特に台風はなかったので、一番怪しいのでこれで見える25,26日の濃い緑の雲であります。

どちらにせよ、海上への影響はあるかもしれませんが、本州への影響はなさそうに見えます。

気象庁の台風3号2017の最新進路予想

7月2日1時、ついに気象庁も熱帯低気圧を発表しました。


出典:http://www.jma.go.jp/jp/typh/a.html

まだ進路情報は出ていません。今後追記します。

スポンサードリンク

2017年の台風はどうなるか?予想

気象庁に関しては、24日の時点で台風のたまごとしても掲載されていません。
米軍と基準や取り上げが違うというのもありますが、このまま台風3号発生なしで終わる可能性もあるとみています。

今年2017年の台風はどうなるか?
ということで、あくまでエンタメ的な予想でありますが、
過去を見て判断していきましょう。


出典:https://goo.gl/C6t4PW

去年痛感したのは、「平年値に近づこうとする」ということです。
去年は史上まれにみる1号の発生の遅さでしたが、その後、数字を見てわかるように8,9月に7個ずつ発生と
非常に勢いを増して、結局年間発生平年値である、25.6個に近い数字となりました。

これは、発生数だけでなく、接近・上陸数も同じです。
なのでどちらにせよ、年間で平均に近い数字が出てくる、と考えてよいかと思います。
また、エルニーニョ現象・ラニーニャ現象発生もない可能性が高いので平常と考えてよいでしょう。

ただし、今年はスーパー猛暑になりやすいということが気象庁から発表されています。
海面の気温が高い方が台風も発生しやすいので、気持ち多めに発生するのでは?なんて想像してしまいます。
(実際、日本が高いことと、赤道近くの海面が高いのは別の話なので関係ない)

まとめますと、どうなるかわかりませんが
台風は情報によって、事前に察知して、対策をうつことが出来ます。
地震は事前に察知することは難しいですよね?

ですので台風は「情報チェック」をしているかどうか、ということになります。
当サイトではいち早く台風や地震について情報を挙げていきますので
よろしければブック―マークしておいていただければと思います。

注意:筆者は気象予報士ではありませんのでその点はご了承ください。仕事上、先の天気の情報が必要なのでチェックしシェアしております。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー