災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

台風21号2018たまごのアメリカ進路予想とヨーロッパ最新情報をシェア!

台風21号2018のたまごが8/26発生しました。
アメリカ・米軍レーダーが察知していまして、ヨーロッパの長期予想だと日本に向かうかもしれません。が、まだ気象庁の台風に当てはまるかは微妙なところなので様子をみていきましょう。(気象庁では27日に発生)

実際に台風になった場合「チェービー」という名前で
韓国語で燕を意味するそうです。

これが発生すれば8月合計9コで歴代2位だね

アメリカ最新進路予想やヨーロッパの最新情報を見ていきましょう。

Sponsored Links


台風21号2018たまごの最新アメリカ進路予想

9月3日更新

出典:米軍合同台風警報センター(JTWC)https://goo.gl/oYDHo3

台風21号のたまごは米軍最新情報によりますと、24日は台湾の南西で低気圧の発達が見られ、東に進んでいましたがその後西の大陸方向に進路を変える予報でしたが消えました。

その後26日は日付変更線の近くで24時間以内に台風になる可能性の低いものが発生しています。>28日に進路予想図が出ました!

2日時点でわかることは以下です。
・4日の正午前後に紀伊半島に上陸か?
・上陸したら通過するのは早い
・勢力は米軍だと中心付近の最大風速40m/sくらいで「強い台風」
・4日15時ごろの京都の上あたりで38m/s
・その後急速に衰えて、5日の午前中には中心が東北の先で、30m/sくらい。

 

ヨーロッパの数字を見てみましょう。

*注意:米軍・ヨーロッパは8~9時間の時差がありますので、画像の数字+9時間でとらえてください。文内では日本時間に合わせています

参考:台風の強さについて
風速       日本の分類
17.2~32.7m/s  台風(昔は「弱い」「並み」を使っていたがやめた)
32.7~43.7m/s  強い台風 →野外は極めて危険
43.7~54.0m/s  非常に強い台風 →トラック横転の可能性も・倒壊する住居も出てくる
54.0~      猛烈な台風
70.0~    スーパー台風 日本はまだ未経験

Sponsored Links


台風21号2018のたまごヨーロッパ最新進路予想は?

30日更新

出典:ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)https://goo.gl/v5eWQ7

ヨーロッパECMWFの最新進路予想です。画像だと分かりにくいのではありますが、29日から明らかに緑の濃い渦が沖縄あたりから発生して日本に向かっているのが分かります。これが今回の台風21号のたまごかはっきりは分かりにくいですが、 米軍の情報からするとそうではなさそうで、温帯低気圧である可能性が高いです。

その後27日ごろから日本の南東で発生し日本に向かうあきらかに台風の雲が発生しているのが分かります。
これを見る限り9/4には九州に上陸しそうです。

30日更新画像では東海?あたりに上陸してそのまま列島をなぞるように北海道に向かっているように見えるのですが…

始業式早々、嫌な予感…

今後の最新情報に注意していきましょう。

台風21号のたまご気象庁の最新進路予想は?

9月3日更新

出典:気象庁http://www.jma.go.jp/jp/typh/

気象庁の台風21号たまご最新情報ですが、27日にたまごとして発生。28日中には台風になりました。

ピークは2日3時に中心付近の最大風速が50m/sということで、数字的に大きいものです。そこから衰えていきますが、衰え方が緩やかです。上陸時の数字が心配です。31日現在905hPaということで久しぶりにすごい数字をみました。海上ですがすさまじいことになっていることでしょう。沖縄や小笠原の上ではなくて良かったです。

上陸直前の4日9時の数字がでました。中心付近の最大風速が45m/sの「非常に強い台風」で、上陸は紀伊半島あたりで強い台風か非常に強い台風かどちからで上陸するでしょう。4日は外出しないのが一番です。仕事の調整が出来るなら今からしておきたいですね。

今後の情報に注意していきましょう。

Sponsored Links


海水温上昇で台風はどうなる?

 

今年の異常な暑さで、「今後異常気象はもっとひどくなるの?」と心配している人は多いかと思います。

私もその一人。温暖化とともにいつか日本にも中心付近の最大風速が70m/s以上のスーパー台風が上陸するのではと言われています。(スーパー台風は実際に定義されているものです)

今のところ伊勢湾台風も上陸時はそこまで到達していなく(上陸前はその程度あったという)もし上陸することになれば大変な被害が予想されます。

スーパー台風は大西洋では島を壊滅させたことも記憶に新しいです。

 

海水温上昇によって台風は大型化したり勢力が強くなったりするのでしょうか?

ちなみに台風15号~の連続してきているのはなぜか数字的には小さいです。

これに関しては意見が分かれますが、例えば以下の三重大学の学生のレポートによると、結論として海水温上昇によって台風は発達しやすく、かつ衰弱もしやすい」と結論づけています。途中をかなり省いて結論だけ伝えておりますが、台風によって海水が冷やされたりするのも、また違った影響をもたらします。

参考:https://goo.gl/oz1NQY

また、気象予報士の片山由紀子氏によると「海が暖かければ暖かいほど、台風は勢力を増し、弱まらずに本州に接近することが考えられます。」としている。

参考:https://goo.gl/kngBSP

多少、三重大学の学生のレポートとズレも感じますが、専門家が言っていることですし、NHKのスーパー台風特集でも、海水温上昇がもたらすことによって今後70年以内にスーパー台風が上陸する可能性がある、ということが放送されていました。

とりあえず、住む場所に関しては考えておきましょう。私は引っ越すときに洪水のハザードマップは見るようになりました。その場所は最悪の場合どれくらい浸水するのか?各自治体が数字を出すのは義務になっています。そして今、マンションの高いところに私は住んでいます…。

 

今後注意していきましょう。

注意:筆者は気象予報士ではありませんのでその点はご了承ください。仕事上、先の天気の情報が必要なのでチェックしシェアしております。

Sponsored Links


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー