災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

台風5号2017最新米軍進路予想とヨーロッパECMWF情報!長寿台風歴代3位に!

7月21日10時4分、台風5号2017が発生したと発表されました。
台風5号の名前は「ノルー」で、ノロジカ(鹿の種類)という意味です。
台風5号の勢力は現在どんな感じでしょうか?また、日本への上陸はあるでしょうか?

>まさかのしぶとい台風で8月になっても存在し、もし10日まで存在していたら史上No1の長寿台風になってしまいます。
米軍最新進路予想やヨーロッパECMWFの画像を早速見ていきましょう。

>8月9日3時30分 ついに温帯低気圧になりました。18日と17.5時間という長寿台風で歴代3位となりました。

スポンサードリンク

台風5号2017最新米軍進路予想について


出典:米軍合同台風警報センター(JTWC)http://www.usno.navy.mil/JTWC/

8月8日更新

今回は、アメリカ米軍の予想と気象庁の進路が随分違うということで話題になりました。本日もけっこう違いますね。アメリカ米軍の進路は太平洋側に抜ける予想で、しかも勢力が随分弱く8日に日付が変わるころには台風から熱帯低気圧に変わる予報です。

こんなに違うのも珍しいですね。結局8日も台風は存在するので、今回は気象庁の方が正しかったという結果になります。
今後の情報に注意していきましょう。

*注意:米軍・ヨーロッパは9時間の時差がありますので+9時間でとらえてください。

参考:台風の強さについて
風速       日本の分類
17.2~32.7m/s  台風(昔は「弱い」「並み」を使っていたがやめた)
32.7~43.7m/s  強い台風 →野外は極めて危険
43.7~54.0m/s  非常に強い台風 →トラック横転の可能性も・倒壊する住居も出てくる
54.0~      猛烈な台風
70.0~    スーパー台風 日本はまだ未経験

台風5号2017ヨーロッパECMWFの最新進路予想


出典:ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)http://goo.gl/hvzeaF
8月8日更新

最新のヨーロッパECMWFのgif画像です。9日にあるのかないのかよく分からない状態ですね。それほど勢力を落としているということです。ヨーロッパは具体的な数字がないので、正確には分からず見た目の判断となります。その後太平洋側に大きな台風が発生していますが、特に影響はなさそうです。
スポンサードリンク

台風5号気象庁の最新進路予想


出典:気象庁http://www.jma.go.jp/jp/typh/

気象庁の8月8日の情報となります。
気象庁の見解では、日本海に抜けていく予報となっています。
どちらの予報でも関東近くに来る頃にはだいぶ勢力を落とすとされていますが気象庁は9日の段階でも台風である数字です。

台風としてはギリギリ台風の数字なのですが、東北にも上陸しそうな進路であります。
今後の予報に注意していきましょう。

10日まで存在すると、史上最長寿台風となります。>>歴代3位となりました。

 

長寿台風ランキング

台風9号たまごのところで取り上げたのですが、長寿台風ランキングについてお伝えします。

1位が19.25日ということです。
台風5号は発生が7月21日ですので、もし8月09日まで生き残っていればトップ3に入ってくることになります。
しかし、実際日本に被害をもたらしそうなので、喜べることではありません。

ネットにあげられた台風の様子

https://twitter.com/vixen1812/status/893612721664442368

8月5日

8月6日

https://twitter.com/gonaten291yo/status/894008061337018368

8月7日

8月8日

台風接近が多かった年はいつ?台風接近数ランキング

今回の台風5号が日本に接近するか気になるところですが、過去に台風の接近数が多かったのはいつか気になる人も多いと思います。
そこで、気象庁の統計データを引用して台風の接近数ランキングをまとめてみたいと思います!

出典:https://goo.gl/zakwDM
台風が最も多く接近したのは2004年と1966年と1960年が同率1位で19回!一番最近は2004年ということですね。そういえば台風が多い年だったでしょうか。
2位は2012年で17回、3位は1955年で16回でした。

一方、接近数が最も少なかったのは1973年で、なんとその数4回!なんて平和な年だったんでしょう(笑)
2位は1955年で5回、3位は1977年で6回とこちらもなかなかの少なさです。

今年は台風が多い年になるでしょうか、それとも少なめな年になるでしょうか。台風の被害は多くの人に降り注ぐのでできれば少ない年になってほしいものですね。

「台風被害 準備しておけばよかった!」ベスト3

第1位:飲める水の確保

水が命です。災害備蓄(ローリングストック法)としても利用できる宅配水を利用する人が増えています。水害でも飲める水がない、という事態に悩まされます。
富士山のバナジウム天然水を全国にお届け。 うるのん

第2位:非常用持ち出しバック

地震と同じですね。3日分のものがほぼ完ぺきに入っています。
防災士厳選の防災グッズ36点セット

第3位:自転車用ポンチョ

台風前後の話ですね。どうしても出かけなければならない時は発生するものですが
自転車用のポンチョがあるかないかで大きく違ってきます。
【krosta】グッジョブ!! 自転車用 ロングレインコート ポンチョタイプ フリーサイズ (ネイビー)

注意:筆者は気象予報士ではありませんのでその点はご了承ください。仕事上、先の天気の情報が必要なのでチェックしシェアしております。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー