災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

台風5号2018のたまご発生!最新アメリカ進路予想とヨーロッパ情報!いよいよ台風シーズン突入!

台風5号2018のたまごが6月5日に発生しています。
実際に台風になったら「マリクシ」という名前になります。
フィリピンの言葉で「速い」という意味です。
いよいよ2018年も台風シーズンに突入していくということで、アメリカ最新の進路予想やヨーロッパECMWFの情報を見ていきましょう。

>>台風5号の最新情報はこちら!日本に接近も

*以下はたまごの段階の情報です。最新情報は上のリンクをご覧ください

Sponsored Links


台風5号2018のたまご最新アメリカ進路予想


出典:米軍合同台風警報センター(JTWC)http://www.usno.navy.mil/JTWC/

アメリカ米軍合同台風警報センターの最新進路予想です。
この画像では台風5号のたまごが2つ発生しているのがわかりますね。

1つは24時間以内に台風になる確率が低い(LOW)もの、もう1つはそこそこの確率(MEDIUM)のものです。
どちらかが台風になれば台風5号発生となります。

今後勢力の強い台風になる可能性もありますので、最新情報に注意していきましょう。

*注意:米軍・ヨーロッパは8~9時間の時差がありますので+9時間でとらえてください。

参考:台風の強さについて
風速       日本の分類
17.2~32.7m/s  台風(昔は「弱い」「並み」を使っていたがやめた)
32.7~43.7m/s  強い台風 →野外は極めて危険
43.7~54.0m/s  非常に強い台風 →トラック横転の可能性も・倒壊する住居も出てくる
54.0~      猛烈な台風
70.0~    スーパー台風 日本はまだ未経験

台風5号2018のたまごヨーロッパ最新進路予想

6/6更新!


出典:ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)https://goo.gl/v5eWQ7

ヨーロッパECMWFの最新進路予想です。
この画像では6日あたりになるとだんだんと濃い緑が見えてくるのがわかります。
緑色の濃さが台風の勢力の強さを表しています。

現段階ではまだ台風になるかはわかりませんが、念のため今後も最新の情報に注意していきましょう。

Sponsored Links


台風5号2018のたまご気象庁の最新進路予想


出典:気象庁http://www.jma.go.jp/jp/typh/

気象庁の最新進路予想です。
気象庁では台風5号たまごの情報はまだ出ていないようです。
これは気象庁や米軍など、機関によって台風の定義が若干異なるためです。

勢力が大きくなれば気象庁でも今後台風情報が更新されて行くかと思いますので、最新の情報をチェックしていきましょう。

6月で台風5号たまご発生はペースとしてどう?

今年も台風シーズン到来ということで、今年は台風多いのかな?と気になったりします。
6月の時点で台風5号たまご発生というのは、ペースとして多い方なのか少ない方なのか、気象庁の台風発生数の平年値を見て比較してみましょう。


出典:https://goo.gl/szE2UX

2011年から2017年までの月別台風発生数です。
こうして比較してみると、6月の時点で4号まで発生というのは、特別多いわけでもなさそうです。

冬にいくつか発生して、6月から本格的に台風発生というのは2013年のパターンに似ている気がしますね。
2013年は台風発生数が年間で31とここ数年で最も多いので、もしかしたら今年は今月から台風ラッシュになるかもしれませんね…。

当サイトでは台風情報をたまご含め随時更新していきますので、ぜひ活用していただければと思います。
自分の身を守るために、最新の情報をうまく活用していきましょう!

Sponsored Links


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー