災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

台風7号2018最新のアメリカ進路予想とヨーロッパ情報まとめ!九州に接近・上陸あるか?

台風7号2018が6/29 10:05に発生したことが気象庁より発表されました。
昨日の朝の段階ではアメリカ米軍のチャートにはたまごはなかった記憶なので急激にできたのかもしれません。
台風7号はタイ語で「プラピルーン」といい、雨の神という意味だそうです。被害をもたらせたら良い意味での神とは言えませんが…
アメリカ最新進路やヨーロッパ予想を更新しシェアしていきます。

今回は見た目では九州に上陸するかもしれない進路に今のところなっていますので
情報に気を付けていきたいところであります。

7/2更新

Sponsored Links


台風7号2018アメリカ最新進路予想は?

アメリカ米軍サイトでは以下のように予想されています。


出典:http://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

昨日よりも速度が遅い予報になり時間の予報がズレ始めています。
これを見ますと昨日よりまた後ろ倒しになり2日の21時がピークで約40m/s。その後徐々に数字が低くなっています。

3日の09時ごろは九州の横にいるときなので九州への影響は免れないのではないでしょうか。
また、島根にも暴風域がかかっていますので影響がありそうです。

*注意:米軍・ヨーロッパは9時間の時差がありますので+9時間でとらえてください。

参考:台風の強さについて
風速       日本の分類
17.2~32.7m/s  台風(昔は「弱い」「並み」を使っていたがやめた)
32.7~43.7m/s  強い台風 →野外は極めて危険
43.7~54.0m/s  非常に強い台風 →トラック横転の可能性も・倒壊する住居も出てくる
54.0~      猛烈な台風
70.0~    スーパー台風 日本はまだ未経験

台風6号2018ヨーロッパ最新進路予想は?

7/2更新 台風8号も発生していますね。

出典:ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)http://goo.gl/hvzeaF

韓国に直撃の予想と今のところなっています(日々予想は変化しますが)

九州にも上陸の恐れがありますので十分に注意したいところ。台風は「強い」台風にならないか、くらいでありますが、今後の情報に十分気を付けていきましょう。

Sponsored Links


台風7号2018気象庁の最新進路予想は?


出典:気象庁http://www.jma.go.jp/jp/typh/

気象庁によりますと米軍と少し違い、2日の9時がピークで35m/sの強い台風の予想です。こから急速に衰えて3日の9時には中心付近の平均風速が25m/s、4日には18m/sということで韓国に台風として直上陸するということになります。

 

ただ、雨量などはこの数字は当てにならなく、かつて数字が弱いものでも大きな被害が起こったことはあります。
タイミングや場所のポイントによってはそうなるというものです。
今後の情報を把握していきましょう。

ネットにあげられた台風7号の様子は?

7/1

https://twitter.com/imhome_okinawa/status/1013225494106406918

https://twitter.com/MiyukiKarimata/status/1013218521269002240

随時追加していきます。

7/2

余談ですが去年2017年の台風7号は以下の動きでした。


出典:https://goo.gl/AcfhPf

全く違う動きで、フィリピン北から逆に中国大陸に向かっていく順路ですぐに温帯低気圧になったものです。
やはり毎年同じような動きをするわけではないことが分かります。

■関連記事

台風8号2018のたまごアメリカ進路予想とヨーロッパ最新情報をシェア!

スーパー台風の定義と、被害が日本でもしあったら…今後確実に我々も経験する!!

 

Sponsored Links


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー