災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

台風9号2017最新米軍進路予想とヨーロッパ最新情報!当初と予定が変わり中国大陸へ

台風9号2017の発生が7月26日12時ごろに発表されました。台風9号の名前は「ネサット」で、「漁師」という意味のカンボジア語です。
台風9号は日本への接近が濃厚と見られているので、米軍最新進路予想やヨーロッパECMWFの最新画像をチェックしていきましょう。

>7/30 最終更新とします。日本への影響がほとんどないので更新を終えます。

Sponsored Links

台風9号2017最新米軍進路予想について


出典:米軍合同台風警報センター(JTWC)http://www.usno.navy.mil/JTWC/

30日の最新米軍進路予想です。
発生当初は日本に向かっていると思われた台風9号は28日は進路がずれ、台湾に直撃する進路となりました。
日本時間28日3時の時点での勢力は最大風速27m/s。しかしこの後どんどん勢力を強めていき、29日19時には最大風速42m/sという強い勢力で台湾に接近していきます。>その後30日には25m/s、31日には低気圧に変わる予想となっています。

*注意:米軍・ヨーロッパは9時間の時差がありますので+9時間でとらえてください。

参考:台風の強さについて
風速       日本の分類
17.2~32.7m/s  台風(昔は「弱い」「並み」を使っていたがやめた)
32.7~43.7m/s  強い台風 →野外は極めて危険
43.7~54.0m/s  非常に強い台風 →トラック横転の可能性も・倒壊する住居も出てくる
54.0~      猛烈な台風
70.0~    スーパー台風 日本はまだ未経験

台風9号2017ヨーロッパECMWFの最新進路予想


出典:ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)http://goo.gl/hvzeaF

ヨーロッパECMWFの最新画像になります。
この画像では、沖縄に接近すると思われた9号が台湾よりにずれていくのがわかります。そして台湾に直撃するような進路となっています。

その後は中国大陸で消えるかしぶとく生き残っているか、少しわかりずらい画となっています。どちらにせよ、台湾を抜けたら日本とは関係なさそうです。

Sponsored Links

台風9号気象庁の最新進路予想


出典:気象庁http://www.jma.go.jp/jp/typh/

気象庁の予報では、台風9号は7月26日12時の時点で、最大風速18m/sで北北西の方角に15km/hの速さで進んでいます。存在地域はフィリピンの東あたりです。
27日12時には最大風速25m/sまで勢力を強め、ゆっくりと北に進む予報です。
>28日午前の情報では、進路をやや西向きに変え、日本に向かわない予想になりました。勢力が強い台風となり台湾直撃のルートです。台湾が心配です。

ネットにあげられた台風の様子

2017年7月は台風発生がこれで7回目!実はすごい快挙だった?

7月に発生した台風は台風3号から今回の台風9号で7個目です。
この一カ月の間に結構な数の台風が発生しましたが、実は7月にこんなに台風が発生するのはかなり久しぶりのことなんです!

まずは2017年の発生数。7月の発生数は7になっています。

そして過去数年分の発生数ですが、7月の発生数はここ数年少なめで、台風が7つ発生した年はありません。

出典:https://goo.gl/MBU0
そしてさらに遡ってみると、ありました!なんと、最後に7月に台風が7個発生したのは1994年で、23年ぶりの快挙ということになります!
1994年は台風が多かったようですね。7月は7個、8月は9個、9月は8個と他の年と比べて断トツに多いです。あれ、ということは今年ってもしかして…?

注意:筆者は気象予報士ではありませんのでその点はご了承ください。仕事上、先の天気の情報が必要なのでチェックしシェアしております。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー