災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

TOKIOのラブカ捕獲は地震の前兆?過去歴洗い出した結果を初公開!

バラエティ番組であるTOKIOの「ザ!鉄腕!DASH!!」収録中に珍しい古代ザメである「ラブカ」を東京湾で生け捕りにしたとことが各ニュース媒体で明らかとなりました。
ラブカは生きる化石とも評されており、種としての形を変えず、3億5000万年前から今にいたるまでを生きてきた大変希少価値の高いサメなのです。
深海魚であるラブカは地震の前兆を司るともいわれていますが、果たしてどうなのでしょうか?
まずはラブカが捕獲された時期と地震との関係を比較していきましょう。

スポンサードリンク

TOKIOのラブカ捕獲は地震の前兆?

TOKIOのラブカ捕獲は地震の前兆?ネット上がざわついています。
深海魚のサメであるラブカは過去、日本での捕獲記録が記録されています。
2008年4月にラブカが相模湾で捕獲されてのが有名ですね。一か月後、茨城県沖でマグ二チュード7相当の地震が置きました。

気象庁サイトでも確認しました。1か月前後のM6以上

出典:http://www.data.jma.go.jp/svd/eqdb/data/shindo/index.php

その他にもラブカの捕獲事例が多数日本の各地で記録されております。
wikiより抜粋し、その前後3か月にM6以上があるか確認してみました。wikiより以下の日付を抜粋

1978年千葉県犬吠埼沖の水深780m
1986年4月静岡県静岡市由比漁港
1997年3月11日、静岡県熱海市沖の相模灘
2007年1月21日奥駿河湾
2008年4月2日、神奈川県横須賀市長井漁港沖
2010年11月14日、沼津
2010年11月17日、長崎県野母崎沖の水深600m
2012年12月28日、駿河湾井田地区沖の水深310m
2016年2月、2016年
2016年10月11月12月に立て続けに捕獲 沼津港深海水族館?

まとめると以下の表になります。

大地震であるスマトラ沖地震の前日にもラブカが発見されており、これらの記録からラブカと地震には何か関連があるという意見が多く、あまたに存在する動物の中でも地震察知能力が高い事から研究が進められています。ただ、まだ公認として科学的に「関係ある」とされているわけではありませんので、今のところ「都市伝説」レベルであります。

上記のようにまとめてわかるのですが、細かい月日が不明なのもありますが、まあ確かに最低M6.6以上は3か月以内に起きています。

個人的見解としては2つの角度から見てみましょう。

1、否定的見解

・地震の多かった2016年でM6.5以上は11回ですので、平均はわかりませんが半分の5回としたら、2か月に1回起きるということになりますので、前後3か月なら当たるのは当然ともいえる。

・場所的に全然関係ないところで起きている。例:2007年 駿河湾→能登半島

2、肯定的見解

・年月日がわかっているのだけ見ると、2か月後以内にすべて起きている

・昔からの言い伝えで、科学的根拠がないものって意外とバカにならない

 

サンプル数が少ないので、なんとも言えませんが、とりあえず言い伝え通りたしかに捕獲→大地震は過去では起こっています。

しかも、前後というよりは、「捕獲後2か月以内、最低M6.6以上」という過去測となります。

あくまで過去測です。今回TOKIOが捕獲してからはまだ起こっていません。
スポンサードリンク

TOKIOのラブカ捕獲のネットの反応!

ラブカ捕獲はSNSなどでも多数のコメントが挙げられ話題を呼んでいます。一部抜粋いたしますと、

「ラブカ様釣れたの  地震が…」
「ラブカやメガマウスは地震の前触れ…」
「地震関係ないとは言い切れない」
「1か月くらい後に地震来るって言われるけど、防災意識高くたもっとこう」
「地震おきそうとかいう奴いるけど、飽きたわ」
「地震起きるとか起きないとか、いい加減にしてほしいわ」
「人間に異変を伝えようとしているのかもね」
「ラブカ=地震 しか思い浮かばない」

出典:twitter

といった、地震と関連するようなコメント、見た目に関するコメントなどラブカの話題でSNSは盛り上がっています。

農作業を行うアイドルとしてTOKIOの「ザ!鉄腕!DASH!!」は今も昔もコアなファンが存在し、定期的に話題を提供してくれています。
年々その規模は拡大の一途をたどっており、今回の「ラブカ」もその希少性からか学会で発表できるレベルの発見をしたこととなるので、TOKIOの今後の活躍は筆者には予想できないものとなりつつありますね。

今回、捕獲した正確な日付がわかりませんが5月だとして、3か月前の2月からM6.5以上があったか調べたところ
1回も起きていません!
つまり、過去の例からいくと、8月までにM6.5以上がどこかで起きてもおかしくないことになりますが…。

また、深海魚と地震の関係は、地割れによる電磁場の乱れといったことが言われます。ただこれも潜水艦によるものもあり正確性はなんとも言えずこれも都市伝説レベルと今のところいわれるものです。

まあ、未来のことは誰にもわかりません。
起きても人災の無い場所で起きることもありますし。

とにかく、防災の準備をしておきましょう。
心配な方は記事下にある「絶対備えたい たった12項目」を見てくださいね!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー