災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

凍ったフロントガラスを溶かすベストな方法!熱湯は絶対ダメな理由

朝会社に行こう、と思い車に行くとフロントガラスが凍っていることを忘れることはありませんか?
エンジンをかけて、しばらく放置…すると無駄にガソリンが減ってしまいます。
また、くもりを取る機能として「デフロスター」を使う人もいるかもしれません。
こちらも車にとっては負担ですから、よくないでしょう。
そこで、凍ったフロントガラスを早く溶かすための方法についてまとめてみます。
また熱湯は絶対ダメなので、その理由についても詳しくまとめて見ます。

Sponsored Links


凍ったフロントガラスを溶かすために熱湯は絶対ダメ!その理由

凍ったフロントガラスを溶かす、というので時間をかければ可能ですが、朝の貴重な時間をのんびり過ごす余裕はありません。
そこでよくあるのが、熱湯をかけると言う手段です。
しかし、実際のところは、熱湯をかけてしまうと大変なことになるのです。
それは、フロントガラスが割れてしまう可能性がある、ということなんです。

みなさんは、フロントガラスをじっくり眺めたことはありますか?
実は車を運転していると、知らないうちに飛び石による傷がついてしまっていることがあります。
ガラスに傷がついているわけです。

その傷に熱湯をかけるわけですから、もちろんガラスが割れてしまうのです。
飛び散らない構造にフロントガラスはなっていますので、安心してもいいのですが、線が入るように割れてしまいます。

凍ったフロントガラスを溶かすベストな方法

凍ったフロントガラスを溶かすためのベストな方法とはなんでしょうか。
それは消毒用アルコールと水を2:1の割合で混ぜるだけです。
そもそも消毒用アルコールは約-90度まで凍らないのです。そこで、氷にかけることで溶かすことができるのです。
ちなみに塗装面やワイパーゴムなどを傷める可能性があるので、吹きかけたあとは拭き取ると良いでしょう。

Sponsored Links


フロントガラス凍結対策も大切

また事前の対策も必要です。
毎日降雪し、フロントガラスが凍るような地域では、連結防止シートを使用しているところがあります。
カー用品店でも販売されていますが、ネットでも1000円から売っているので、安価に抑えたい人はオススメです。
他にも、解氷スプレーと呼ばれるものもあります。

こちらは1本数百円で販売されていますので、車の中で常備することが可能です。
この解氷スプレーは先ほどのベストな方法と成分はほぼ同じです。
また、スクレイパーやスノーブラシなどを使って削り取る方法もあります。
ガラスを傷つけるのではないか?と不安になる人もいるかもしれませんが、プラスチック製なので、安心してください。

 

雪国の人は当たり前に持っているみたいですね。

ネットの反応まとめ

ネットでは
「スノーブラシも解氷スプレーも車に積んでない人が多いのか」

「フロントガラスが凍るの、なんかいい解凍の方法ないですかね」

「事前に車にかぶせておけば良かった」

「熱湯かけちゃいけないというのは本能的に分かったのでググったよ」

「熱湯かけたらいけないってどっかで聞いた気がして調べて良かった」

「バイクで行こっかな… 車やとフロントガラスが凍るやろうし」

…本末転倒というか、寒いので、バイクは絶対いやだと私だったら思います。
意外に知らない、という人が多いと思いますので、上記のような対策をぜひして欲しいと思います。

参考リンク:Twitter

感想・まとめ

今回の大雪で、関東地方では予想外の対応をしないといけない、ということで負担に感じていたのではないでしょうか。
子どものときだったら、嬉しい気持ちでなかった雪が今では最悪!と思っている人も多いのでは?
それでも今回の方法を使えば、あっという間になくなるので、気持ちもスッキリして仕事ができそうですね。
ぜひ広めて欲しいと思います。

Sponsored Links


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー